タグ「おしゃれ長襦袢」が付けられているもの

   明日、娘たちが卒園した幼稚園で風呂敷の包み方を教えることになっていましてね~

それは御父兄が集まる際に、20分の持ち時間で風呂敷の包み方を指導してもらえないかと頼まれたもので、今日はその準備をしていたようです。


店と交わることの少ない年代層に、店のPRができる機会に恵まれたことは幸せなことで、娘たとは特典券のようなものを作って、それを参加者の方に配りたいと言っていましたが、創意工夫してくれていることを嬉しく思っています。


そのような感じで娘たちがプロデュースした店内での風呂敷の包み方レッスンが2月23日ならば、猫展は2月20日からです。

私も頑張らなくてはいけません。


そこで今日は猫柄の長襦袢を紹介してみたいと思います。



CSC_0002nekogaranonagazilyubann.JPGそれがこちらの商品です。


猫が魚を追いかけてる図案を長襦袢の模様にしたもので、ピンクとブルーを用意させていただきました。

柄の性格上、紬や小紋の着物に合わせるカジュアル系の品になりますが、とてもユニークだとは思いませんか。


猫柄は好きだけど、着物や帯に持ってくるには抵抗があるとお考えの方にお勧めしたいですね~

長襦袢は袖口や袖の振りからチラリと柄を覗かせるので、隠れたおしゃれ感があります。


そしてもう一つお伝えしておきたいことがあります。

それは素材を綿シルクという生地を使っていまして、肌触りが柔らかくて単衣仕立てで着ても温かいんですね~




CSC_0006mannsirukunagazilyubann.JPG実は私もここのメーカーの綿シルクの長襦袢を愛用していまして、シワにもなりにくく素肌に優しいことを実感しているから言えるので、シルク長襦袢とお値段は変わりませんが、身に着けてみてその価値の高さがお解りいただけるものです。

とは言っても猫柄が好みでなければご縁が生まれるものではありませんよね・・・


とにかく、猫柄の和雑貨以外に和装品も揃えてみたので興味のある方は覗いてみてください。




IMG_0601yukigesiki.JPG今日は雪が降り始めたかと思えば、時折晴れ間もあって、晴れたときの雪景色は格別なものがあります。

田舎の風景そのものですが、少しばかり癒されます。


しかし、地域で店舗を持つ者としては素直に喜べません。

「春はもうすぐ」と呟いたりしていますが、忍耐がいることを思い知らされているところです。


さて、明日はどのような日になることでしょう。


それでは、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  来る21日(金)から神無月の会において、三大信州紬を特集したいと考えていますが、大きな目的は紬の着こなしとコーディネートを分かりやすくお伝えできれなと思っています。

草履や足袋、帯〆帯揚げ、かんざしなど、紬を取り巻く和装小物も含め、おしゃれな帯も用意させていただきます。

そして、おしゃれ長襦袢も・・・


そこで今日はおしゃれ長襦袢というものがどのようなこのかを紹介してみたいと思います。




CSC_0005osilyarezilyubabb.JPGズバリここにアップしたものが、カジュアルな装いに合わせる長襦袢と言えるかもしれません。


長襦袢と言えばピン系の地紋が入っているものかボカシ染めが一般的で、紬やおしゃれな小紋だからといって長襦袢にもこだわってみたいと思っていらっしゃる方は意外と少ないのかも・・・

中には、ここでアップしたような長襦袢の存在を知らない人もいらっしゃるのかもしれませんね。


着物を着装されて鏡の前に立と長襦袢は見えませんし、そんなにいくつもいらないと思うのは当然のことです。

しかしご自身では長襦袢が見えなくとも、周りの人にはチラリと目に入るのが長襦袢の色や柄なんですね~

それは袖口や後ろ姿の袖の振りから顔を覗かせるからです。


そこで考えてみてください。

訪問着や色無地とはまったく着物の性格の違う紬を身に着けたときに、ピンクのボカシ襦袢では面白味がないと思いませんか?

紬の着物には長襦袢に柄が入っていたり、色でもおしゃれを楽しめる要素があるだけに、フォーマル用とカジュアル用の長襦袢を使い分けてしてみることもおしゃれのあり方ではないでしょうか?

そのようなニーズに応えるために作られたのが「おしゃれ長襦袢」です。


今回、紬コーディネートのアイテムの一つに長襦袢にもスポットを当ててみたいと思っています。





DSC_0016osilyarezilyubann.JPGこちらの商品群もおしゃれ長襦袢と言えるものです。

最初の映像とは若干性格の違うものですが、普段に着物を着る方が増えているだけに長襦袢のおしゃれも考えてみたいものですね。


見えない部分におしゃれが気が付く人って、着物を熟知している方だと思えるのですが・・・

神無月の会にはそのこともお伝えできればと考えております。


ここにアップした長襦袢は2万円代から6万円代までの品です。

参考にされてみてください。


ところで今日はいつものメンバーとマージャンをすることになっていまして、この日をとても楽しみにしていました。

モヤモヤしたものを吐き出せる場でもあるので、気分転換を図ってみたいと思っています。

いつもより早い投稿になりましたが、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

 店の販促物を作っていたもので投稿準備が遅くなってしまいました。

早速今日の記事とさせていただきます。


京都の仕入れ先がおしゃれ長襦袢を見てくれないかと持ってきたもので、居合わせた娘たちにも見てもらうことに・・・

そして、娘に好きな柄が何なのかを尋ねてみると、意外な模様を選びましてね~


そこで「長女好み」と「次女好み」と別れたことから、それぞれ一点ずつ仕入れてみることにしました。


今日はその長襦袢を紹介させていただきます。


CSC_0008osilyarenagazilyubann.JPGこちらの画像が「長女好み」の長襦袢です。



CSC_0009osilyarenagazilyubann.JPG地色はグレーで模様が可愛いと大絶賛。




CSC_0010osilyarenagazilyubann.JPGそして次女がこちらの画像にある長襦袢です。



CSC_0011osiyarenagazilyubann.JPG色は明るめの辛子系で音符とチェリーの柄です。


どちらも小紋や紬などに合わせる街着用の長襦袢で、娘たちの感性を捉えたということは、カジュアルの着物を愛用されている若い年代層に受け入れていただけるのかもしれません。

個人的に私も面白いと思っていて、娘は「どちらが先にお嫁入りするか楽しみ~」

そんなことを呟いてはしゃいでいましたが、店頭に税込¥28,080で「長女好み」と「次女好み」とそれぞれに言葉を添えて出してみたいと考えています。


そうだ、彼女たちにPOPを作ってもらって店頭に並べるのも面白いかも・・・

勿論、シルク100%なので、気になる方は是非ご連絡ください。



CSC_0007aunn192gou.JPGそして、閉店後に「あ・うん」を作っていましてね~

孫が店にいると、遊ぶことに夢中になってしまって仕事が手につきません。


なんとしても今週中に、この「あ・うん」を仕上げてしまいたくて、店内が静かになってから集中力を高め構成した甲斐がありました。


そして、4月号の№192号が仕上がったのです。

「バンザ~イ・バンザ~イ」と、一人で喜んでいますが、これですべての販促物を揃えることができました。


その間、店内をほったらかしにしていたので、明日から模様替えに入れます。

3月の店作りの遅れを取り戻さなくてはなりません。


とにかく、今日は気持ちよく自宅に戻れそうです。

それではこれにて・・・

お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

♥ 現在23日から開催する「神無月の会」の準備に紛争する日々でお客様のご案内や品揃えなど、会期前に整えておかなければならないことを一つ一つ消化しているところです。

今日な二人の娘たちの手伝ってくれて、同じ方向を視て仕事をしてくれる仲間が一人でも多くいてくれると心強いもので、疲れた体も軽やかに動いてくれた気が致します。

スタッフや娘たちに感謝しないといけませんね。

それでは今日の投稿です。


来る神無月の会を「帯への想い」とテーマ付けましたが、帯以外にも大小さまざまな商品をバージョンアップしてお楽しみいただきたいと考えているところです。

その一つに「おしゃれ長襦袢」の特集も考えていまして、触り部分だけになりますが幾つか長襦袢をご紹介してみたいと思います。

今回おしゃれ長襦袢を取り上げたのは、お客様から着終わった後のメンテナンスをお預かりすることが多くある訳ですが、持ち込まれた長襦袢を拝見させていただくと、当たり障りのないピンクのボカシとか無地系が多く、長襦袢を肌着のように捉えていらっしゃる方が少なくないことを感じています。


中には年代に合わない派手な長襦袢もあったりして、長襦袢にこだわりを持たない方が多いことに気付かされます。


そこで長襦袢のおしゃれを問いかけてみたいと考えて特集を組んでみました。




CSC_0034osilyarenagazilyubann.JPG例えば、こちらにある映像の品も模様も長襦袢の一つで、左側のピンク地は兎さんを絞り染めで表現した品で、ダークの色をした右側はテディベアを染めた長襦袢になります。

このようなタイプの品はおしゃれ着の着物に相性が合うもので、着物との色合いを吟味しなければなりませんが、腕を振り上げた折にはチラリと腕首の奥から模様が見えて楽しいものです。

とは言ってもご自身で模様が見える訳ではありませんが、対面にお知り合いの方がいたとしたら、その遊び心にセンスを感じていただけるものだと思います。

ここにおしゃれ着と長襦袢の共通点があるのではないでしょうか?




DSC_0028osilyarenagazilyubann.JPG一方でこちらも長襦袢の一つで、先ほどのように個性が強いものではありませんが、色合いとかマイルドな模様におしゃれ感を味わっていただけるのではないでしょうか?

これも着物との色合の相性というものがありますが、左側のレモン色に白く絞った長襦袢などは、おしゃれな感覚を持ち合わせているのではないでしょうか?

右側は雪兎の模様が入っていて、どりらもフォーマル系の附下や訪問着にも合わせていただける長襦袢かと持っております。

このような感じで神無月の会には、長襦袢の種類を増やして「体に感じるおしゃれな着物コーディネート」を語ってみたいと考えているところです。

お時間が取れるようでしたら、是非神無月の会を覗いてみてください。

おしゃれの道案内を長襦袢からさせていただきたいと思っています。


話は変わりますが、数日前に私のブログ記事をご覧になられた帯を求めていただいたお客様がいらっしゃいます。

私が持ち着物への価値観とメールをいただいたお客様の持っていらっしゃる価値観が合うものがあり、「どのような方だろう・・・」と思う気持ちが膨らんでお電話を入れてみたのです。


その方は青森県の方で、着物を着る機会がちょくちょくあるようなことを話されていましたが、西陣織のような織の帯は幾種類も持っていらっしゃって、染帯に興味を持ち始めたものの、扱っている呉服店がないこことを不満に思われていたそうです。

そのお客様は私のブログを見てくださっていて、ある記事に心が動き染帯を手にしたいと思いメールをくださったみたいです。

他にもお話も聞かさせてもらったのですが、お客様の暮らす地域に呉服店さんがほとんどいなくなってしまって、着物の染め替えなど、相談できる店がないことに困っていらっしゃることも話されていました。

このような話は他の県の方からも聞くことが多くなりましたが、全国にはこちら様と同じ不満を抱えて着物を愛用している方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?


そのことを思うと、力になってみたいと思わずにはいられませんでした。

お客様に喜んでいただける仕事というものは、お望みの商品を提供するだけではないと思っていて、お客様のお役に立つ仕事が喜んでいただけるものであれば、タンスの中の着物コーディネートであろうと、しみ抜きや仕立直し、更には着物の染め替えであっても、遠い距離を埋める仕事をしたいと考えています。

私からすれば着物愛好家に寄り添う仕事が呉服店さんの役割だと思っていて、いろんな仕事をさせていただくことで自分自身の勉強にもなり、視野が広がるのではないでしょうか?

仮にお客様のお望みを叶えることができないことがあったとしても、無駄な仕事だとは思っていません。

その事をお伝えした次第です。

このブログをご覧になられている方で、微力な店ではありますが着物のことでお力になれるものであれば気軽に相談をしてみてください。


今の自分に何ができるのか?

ひたすらこの仕事に時間を費やしてきて、勉強してきたことを試してみたいし、遠い距離を埋める関係も築き上げることができれば、新しい店作りを考える切っ掛けにもなるのではないか?


お客様とお話をさせていただいて、そのようなことを思ったもので記事にしてみました。


それでは今日なこれにて・・・

お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ