タグ「きもの専門店」が付けられているもの

   京都の染屋さんが新しく制作した単衣物や夏物を持つて店に寄ってくれましてね~

冬場の商いが良くないこともあり仕入れるつもりはなかったのですが、見ると欲しくなる病気みたいなものが出てしまいまして注文してしまいました。


懲りない人間ですが徐々に人が動き始めていて、前を向けるものがあったのかもしれません。


その仕入れ先の着物や帯は「きものサロン」の雑誌に、お取引があるきもの専門店さんの名前で多く紹介されていて、その関係性から着物に対する美学や商売の哲学みたいなこともお聞きすることが出来るのです。


それは私に刺激を与えるもので、私の店も有名な専門店になりたいと憧れるものがあり、同時に人口が多い都心には着物を熟知された着物愛好家が多いことを知らされるものがあり、着物に対する価値観の違いを感じます。


それは店の日常が、有名きもの専門店さんとはほど遠いものがあるからかもしれません。


地域に呉服店が少なくなり、着物難民ともいえる新規のお客様が半衿の取り付けや寸法直しの相談にお越しになられる方が増えていて、今日も3件の半衿の取り付けを仕立て師さんにお願いした次第です。


これから店のお客様になっていただける可能性を秘めたお客様でもありますが、着物の単語が解らない人におしゃれな装いを提案することの難しさと着物の価値を伝えることへの道のりの遠さを感じています。


とわいうものの、店の存在を知って尋ねてくださるお客様がいらっしゃることへの感謝を忘れてはなりません。

新規のお客様と話が噛み合わないケースも少なくありませんが、それらを総合的に考えると、「今から・これから」が店の社訓になるのかもしれませんね。


「信じて待つ心」も、この時代には必要かと考えている私です。


半衿の話題が出たこともありまして、今日は白の紋織りになった正絹半衿を紹介してみたいと思います。



CSC_0004silyoukennnohanneri.JPGそれがこちらの半衿です。


白の無地半衿と趣が違いますが、礼装や略礼装に使えるもので、襟元に少しだけ華やかさを加えるアクセントととして活用していただけるものだと考えています。

画像が見難いかもしれませんが紋織の地紋を奥からいいますと、「七宝」・「市松」・「鱗」・「線」になります。


光の当たる具合で地紋に光沢を浮かび上がらせるものがあり、入卒の装いやパーティの席などに生かされると気品を引き出してくれることでしょう。


刺しゅうの半衿までいらないという方に是非お勧めしたいものです。

お値段は4千円近くするものですが、絹の風合いも味わえて素敵だと思いますよ・・・

参考にされてみてください。


ここのところ自宅に戻るのが遅い日が続いていて少し寝不足気味。

昨日とは一転して気温も低くなり身体も重いもので、今日は体調を整えることと致します。


ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  帰りの電車に乗るとグッタリ。疲れが出てよく眠りました。

今日の京都出張は店内で企画している催事の打ち合わせや、一月後の顔見世ツアーの観光ルートの情報集め、そして、今週金曜日に県外からお客様がお越しになられることもあり、その準備などもありまして段取りの追われた一日でした。



IMG_0380.JPGその一方で、一部の仕入れ先では端午の節句の木目込み人形を発表している先もあれば、来年の新作浴衣の内見会をしているメーカーもあり、時の流れの速さを実感させられました。


物作りをしている仕入れ先を訪れるということは、現在の季節から離れた世界を覗くことになる訳ですが、焦点が合わないこともあって冷静な判断ができません。

訪れる先々で頭の切り替えをしなくてはならないだけに、行き慣れた仕入れ先であっても疲れるものです。


ところで、和装や和雑貨の仕入れ先が集まる京都へ毎月訪れていますが、顔を合わせる専門店さんっていつも同じ感じがして、頑張っている姿を見る度に勇気づけられます。


この業界で有名な専門店さんの経営者もいれば、地方の家族経営のご夫婦も来ていて、みんな一生懸命なんですね~

こうして商売を続けられているのも、これらのきもの専門店さんを見ているからで、「もっと頑張らなくてはならない」と、言い聞かせてきたところがあるからでしょう。


時には背伸びをして無理をすることもありますが、京都は私の店を映す刺激的な場になっているように思えます。


それだけに、もっともっと地域の仕入れ担当者として目利きのできる専門店になりたいし、そのためにも真剣にこの仕事と向き合っていかなければなりません。


その日はいつになるのか、気の遠くなる話ですが、何度転んでも諦めることがあってはなりません。

そんなことを問いかけて帰りの電車に乗り込む私です。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

♥ 或るお客様から「七五三の準備をされる方はどれくらいいるものですか?」と、接客をしている中でダイレフトに尋ねられましてね~

その方は妻と同で、事あるごとに着物相談にお越しになられるお付き合いの長いお客様です。

嫁がれた娘さんが男の子をご出産されて、宮参りの着物を見にこられたのですが、他にもお孫さんがいらっしゃることから、七五三のことを気にかけていらっしゃったのでしょう・・・


呉服店さんには、このような問いかけが増えているのではないかと想像しますが、核家族が進む中、若い年代層にとっては着物のことが分からない、着付けや着終わった後の後始末ができない、他にも出費を抑えたいなどの理由から、手軽な着物レンタルと写真館がセットになっているサービスを利用される方が増えているのではないでしょうか?



年々、子ども物の結び帯や草履やバッグ、ハコセコなどの小物類の動きが鈍くなっていることを考えると、七五三のきもの市場がレンタル着物に奪わせていると言わざるおえません。


取り扱う着物や小物類がきもの専門店とは違うものであっても、お若いお母さんにとっては祖父母の応援がないと、負担の少ない方を選ぶ傾向が強いことを申し上げた次第です。


七五三市場に限らず、消費者、きもの専門店、きものレンタル業の三角関係は振袖市場にも似たところがあり、着物を着ることに価値を持つお母さんが増えてはいても、着物の質とかコーディネート、更には着物メンテナンスに至るまで気を配れないところがあるのではないでしょうか?



ここをどのようにして変えてるべきかが大きな課題となっていて、この現状に対しさまざまな団体が着物振興に努力をしています。

お隣の市では市民の文化祭として着付け教室をされているグループが、市の文化会館の一角でボディーに着物をコーディネートしたものを展示されているとのことで足を運んでみました。



DSCN8712 (1).JPG

 


DSCN8713.JPG

会場に居合わせた関係者の方に、こちらのグループの中に当店のお客様がいらっしゃることを話し私が着物関係の仕事をしていることを打ち明けると、呉服店がこの地域にいなくなってしまったことを話されていました。


私たちとは違った次元で着付け教室の活動を伝えるものだと解釈して拝見させていただきましたが、力を合わせて努力している姿に頭が下がる思いでした。



これらのことを踏まえて考えたいことは、労を惜しんでいては限られた専門店しか残れないのではないでしょうか?

お手軽感は若い人たちに心を揺さぶるものかもしれませんが、ここに業界の未来があるとは考えにくいものがあります。



若い年代層の着物に対する価値観をどのようにして変えていけばいいのかモンモンとしたものがありますが、出逢いを持つことがあった人たちに対して、一つ一つ丁寧にお話をして理解を深めていただくことしかないのかもしれません。

それと、新しい商品を目に触れていただいて、植えつけられた固定観念を変える努力も望めれます。

きもの専門店によって店作りのスタンスが違いますが、着物を欲しがらない人の心理を考えてみることも大切かと思います。



タンスにある着物を処分したいと考えている人がいて、その一方で着物でお出かけしたい人がいる。

そのようなニーズに古着屋さんやレンタル業が入り込んできていますが、きもの専門店として譲れなところは残し、初心者に優しい店をどうしたら作れるかを真剣に考える時代が来ました。


どう動くのか自分に問いかけながらも、
加賀友禅の染帯の制作にゴーサインを出した日でもありました。



それでは今日はこれにて・・・

お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

DSC_0002kagayuuzennsomegaku.JPG 今日は着物業界の現状について書いてみることに致します。

私が感じている言葉で書くことでもあり、誤解を招くようなところがあるやもしれません。

その点をお汲み取りいただいて、しばらくお付き合いいただければと思います。



かつて着物業界は2兆円産業とも言われていた時代がありました。

商品を作れば何でも売れる時代で、私たち呉服店もイケイケ・ドンドンという感じで勢い付いていたように思います。


そのような仕組みが狂い始め出したのが、オイルショックでありバブル崩壊でした。


消費が失速し、価格破壊が起き、商品を売るための仕掛け作りへと方向展開をしはじめたのです。



着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

続きを読む: 着物業界の現状と変化を私の言葉で綴ってみました・キーワードは「受け皿」と「持ち味」
DSC_0002kagayuuzennsomegaku.JPG 今日は着物業界の現状について書いてみることに致します。

私が感じている言葉で書くことでもあり、誤解を招くようなところがあるやもしれません。

その点をお汲み取りいただいて、しばらくお付き合いいただければと思います。



かつて着物業界は2兆円産業とも言われていた時代がありました。

商品を作れば何でも売れる時代で、私たち呉服店もイケイケ・ドンドンという感じで勢い付いていたように思います。


そのような仕組みが狂い始め出したのが、オイルショックでありバブル崩壊でした。


消費が失速し、価格破壊が起き、商品を売るための仕掛け作りへと方向展開をしはじめたのです。



着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

続きを読む: 着物業界の現状と変化を私の言葉で綴ってみました・キーワードは「受け皿」と「持ち味」
 毎日のように県外からの商品の問い合わせが入り、その対応に追われています。


先月の卯月展にてお世話になったお客様のご相談が後回しになっていることを心苦しく感じていますが、今日もある方からのご相談があり、記事として取り上げてみることに致しました。


ご相談者は東海地区の方で、以前にブログで取り上げた単衣用の加賀友禅附下をご覧になられて、よく似た附下を探しているとのことでした。


そのことを受けて、これから紹介したいと考えていますが、お客様が目にされた単衣用の素材は、単衣用の訪問着に使われて、附下の生地では使われていません。


お時間があれば、目に触れられた品と同じものを描いていただくことも可能ですが、急いでいらっしゃるとのことで、他の品を紹介させていただくこととなりました。



皆さんもご一緒にご覧ください。




DSC_0004 (1)kagayuuzenntukesagerannnogara.JPG
まず最初に、男性の作家さんが描かれた「龍ラン」柄の附下です。



着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

続きを読む: 単衣用の「加賀友禅附下」から視えてくる着物業界
 毎日のように県外からの商品の問い合わせが入り、その対応に追われています。


先月の卯月展にてお世話になったお客様のご相談が後回しになっていることを心苦しく感じていますが、今日もある方からのご相談があり、記事として取り上げてみることに致しました。


ご相談者は東海地区の方で、以前にブログで取り上げた単衣用の加賀友禅附下をご覧になられて、よく似た附下を探しているとのことでした。


そのことを受けて、これから紹介したいと考えていますが、お客様が目にされた単衣用の素材は、単衣用の訪問着に使われて、附下の生地では使われていません。


お時間があれば、目に触れられた品と同じものを描いていただくことも可能ですが、急いでいらっしゃるとのことで、他の品を紹介させていただくこととなりました。



皆さんもご一緒にご覧ください。




DSC_0004 (1)kagayuuzenntukesagerannnogara.JPG
まず最初に、男性の作家さんが描かれた「龍ラン」柄の附下です。



着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

続きを読む: 単衣用の「加賀友禅附下」から視えてくる着物業界