タグ「店主のひとり言」が付けられているもの

  開店と同時に二人の娘たちが店に寄ってくれましてね~

孫もいますので、合わせて6人の訪問者です。

店は託児所となり、パワーが有り余っているのは2歳になる美月と音羽。




DSC_0020futarinomago.JPG二人は2か月違いで、少しもじっとしていません。

外に出たかと思えば走り出して国道へ向かうし、何か遊ぶものを与えると取り合いになったりして、とてもにぎやかで仕事どころではありません。

慣れないこともありまして、お客様の接客とは勝手が違うことを味わう午前中でした。


ところで、この孫たちが私の年代になった頃には、この社会はどのように進化を遂げているのでしょうか?

少し考えてみました。


IT産業は生活を合理的にするものになっていて、車を持つようにしてロボットを所有し、秘書ロボットや、家政婦ロボット、家庭教師ロボットなど、ライフスタイルに合ったロボットが数多く登場しているかもしれません。


そしてスーパーの買い物もスマホで買えるようにり、その輸送手段も空を飛ぶもで運ばれ、何でもネットで買えてスピードが問われる社会が色濃くなって、当たり前とされていたビジネスをネット社会は呑み込んでいくのでしょう。

会話は少なくなり、その分、メカニズムに向き合う時間が増え、そして誰もがネットでビジネスができる起業家になっていて、損した得をしたと言いながら駆け引き上手な人間が増えていことでしょう。


医療の分野でも、これまでできなかったことができるようになり、部分的にサイボーグが体内に埋め込まれて人間の平均寿命が100歳になっていたりして、社会の構造を変えるものになっているかもしれません。


そんなことを考えたとき、ITが生き方や仕事のやり方を変えるものになり、国境を越えた経済社会が来ることでしょう。

その一方で国同士の権力争いが格や兵器と密接なものになり、危険と背中合わせになった地球であったとしたら悲しいことです。


考えれば考えるほど、想像ができない世界になるのでしょうね~


私のようなおじさんはIT産業についていけなくなっていて、ガードを固めながらもいろんな人から知恵をいただいて仕事に生かしていますが、この先、益々、生きるために必要な道具になるだけに、孫たちにはこの世界に明るくなり、世の中の流れに振り回されない知恵を持って周りの人を幸せにできる人間になって欲しいです。


無邪気な顔を見ていると心配になりますが、静かに応援していますよ。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   ブログデビューしてから12年目に入りましたが、ここ数年検索数が低迷していることもあり専門家に相談してみると、システムが時代の流れに対応できていないことが分かりましてね~

上手く説明ができませんが、安全なサイトであることが表示できていないことが検索に影響する要因のひとつになっているそうです。

ネットの世界で悪いことをするヤカラがいるから、グーグルはその防御策として安全策が取られているそうで、その事に対応できていないと危険なサイトとして判断されるみたいで、何も知らずにいた自分が情けなくて仕方ありませんでした。


仕事と直結しているたけに、その対応策として早急にシステムを替え幾つかの問題点を改善することにしましたが、当然コストもかかる訳でネットの移り変わりの激しさに戸惑いを隠しきれません。


変化に対応できる知恵がないと場外に追いやられる仕組みを知らされた訳ですが、これがネット世界の現実みたいです。

そしてネットは全ての業種のあり方を変えるものになっていて無視できなくなっています。

この先、負担も多くなりますが、有効な生かし方を商工会のアドバイスを受けながら考えてみたいと思っているところですが、果たしてついて行けるのでしょうか?


覚悟を決めてネットの世界に踏み入れた以上は引き下がることなどできません。

これは自分自身への挑戦でもあり、サポートしてくださる人たちのお力をお借りして、何が何でも前に踏み出したいと思っています。


さて、今晩ワールドカップ最終予選のイラク戦があり、テレビの前で応援したいと思っていましてね~

つまらない記事で終わることに後ろ髪を引かれていますが、これで閉店とさせてください。


ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   寒さを感じた昨夜でしたが、今日は一転して爽やかな日になり清々しさを感じています。



DSC_0004natuwoennsilyutu.JPGそんな気持ちに押されて和雑貨コナーを模様替えしてみました。

動かすものが多くありまして、一日で終えることができません出したが、夏のディスプレーができたのではないかとおもっています。



そして2歳になった孫たちを祝って、バーベキューパーティーをすることになっていまして家族が集まった日でもあります。

IMG_0861ba-bekilyuu.JPG久しぶりに婿さんの家族もお呼びして大いに盛り上がりましたが、仕事の都合で途中から参加し、お通夜に向かわなくてはならない用事もあり、一旦抜け出して再び戻るという落ち着かない時間だったかもしれません。




IMG_0871ba-bekilyuu.JPG

それでもこのようなコミュニケーションの場は解放感に溢れていて、その中心にいるのは孫たちで、大人たちの目線を釘付けにしてくれます。

言ってみれば家族にスターで笑いが絶えません。


夜遅くまで賑やかにしていて、楽しませてもらいましたがチョット疲れました。


十分な記事を書くことができませんでしたが、今日はこれにて閉店と致します。

では、お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   京都は秋冬物が発表されていて、和雑貨を取り扱う仕入れ先に立ち寄ったときのことです。

商品説目をしてくれた人は私とよく似た年代の男性の営業マンで、お月見の飾り物を見ていると、その横に並ぶハロウィンの置物に目をやり、

「時代が随分変わったことを感じさせられています。」




IMG_0838haruluinn.JPG「昔は秋の飾り物といったらお月見商品で、注文も沢山入ったのに、今ではその座をハロウィンの飾り物に奪われてしまって、価値観の変化について行かなくなりました。」

古き良き時代をよく知っている彼は、ハロウィンの小物だけだなく、目まぐるしく変わり行く自社の提案商品に戸惑うものが潜在意識の中にあったのでしょう・・・


それは着物業界でも言えることで、ネットショッピングやレンタル着物にリサイクル着物などに消費者ニーズが移行していて、業界を牛耳るおじさんたちは、若い年代層の価値観について行かなくなっているのでしょう。

小さな世界で相撲を執っているいるのは私も同じで、何処かで殻を破らないといけないのでしょう・・・


特に消費者との接点のあり方が問われているのではないでしょうか?

いつどこででも情報を得られる時代になり、買い物の選択肢が広がる中で同じことをしていては時代の流れに呑み込まれてしまいます。


その糸口を探し出そうともがいている様子がうかがえる京都でしたが、今こそ、家業店だからできる個性作りに投資をしないといけない時代が来たようです。


何をどうしたらいいのかを問いかけられた一日だったかもしれません。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   インターネットの普及や生活様式の変化は私たちの和装業界を苦しめていて、地域で営む呉服店が品揃えをして、ご来店されたお客様に商品をお勧めするという、日々のシンプルな商売方法が通用しなくなっていることを、店に来ていた仕入れ先が話していました。

この現実は業界人から視た目線で、お客様の目線からすると不満に思うことが数多くあるからで、シンプルな商売の関係性を拒む要因になっているとも考えられます。

一方で、お客様参加型のきものファションショーで成果を収めている呉服店の話を聞かせてくれたのですが、店の規模も社員数も私の店とは比較にならず、家業店でできるような話ではありませんでした。

おそらく担当者は事を起こすことの意味を私に伝えたかったのでしょう。

また、別の仕入れ先も店に来ていて、家業店で新しい分野にチャレンジして業績を伸ばしたという事例は一軒もなく、細かな仕事でもコツコツ積み重ね、生き残った店は勝ちなんだと呟く熟年の担当者。


現状は呑み込めても、どちらの担当者の考え方も間違っていなく考えさせられるものがありました。


先の担当者は、着物を着るという事があるから着物を買おうとする行為が働くことを説いていたように思えるのですが、その事を次から次へと事を起こそうとするとネタも経費も多く必要となります。

継続性を考えると、どこかでショートすることも考えられますが、着る場を設けるということはとても大切なことだと思います。

しかし、それも限度があるのではないでしょうか?


熟年の担当者は、新しい分野の投資は控えて、ひとつのことを誠実に続けていくことが生き残れる秘訣であることを話していて、この考え方にも納得できるものがありました。


しかし、着物でおしゃれをしたいという愛好家はネットで情報を集めていて、その受け皿を考えた店作りの発想は何処にもなくて私が目指すものとは異なるものがありました。


ここに三者三様の考え方があり、どの道を選択してもいばらの道であることは確かで、信じれることに力を注ぐことしかないのではないでしょうか?

それが店の個性だと思っています。


着物って、コーディネートが決まればおしゃれが輝くもので、心が満たされるものがあります。

その価値にお金を使う人がいて、その方々に応えられる店を目指したいです。

着物を知らない年代層が増える中で、ご理解をいただけることの難しさを痛感させられていますが、それでも諦めないで初心者に寄り添い、努力を積み重ね、着物の魅力を伝えていくことが私たちの使命だと思っています。


何が正解なのか経験を積んでも動き続ける変化の中で見定めることなんてできず、企画力も大切なことですし、固定客に親切な対応をしていくことも怠ってはなりませんが、ネット社会が加速度を増して進む中においては、その対応を無視できないところまで来ています。


この年で、この店の資本力でできることなんて知れていますが、着物に対する情熱だけは他の人に負けたくありませんし、もっともっとおしゃれにこだわれる店であれたなら、人生を捧げた価値も生まれるものだと信じて止みません。


これって負け惜しみなのかな~


何気ない二人の問いかけは、私の心を掻き立てるものがありました。

それにしても、ネットについていくことってこんなに大変なことだとは、続けてみて教えられているところです。


それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   今日は春らしい清々しいお天気になりました。

刺しゅう展は3日目を迎え、来客数は少なかったものの刺激的な出来事が多くあった一日だったかもしれません。


それは午前中のことです。

今回お招きをした刺しゅう作家・森さんを知る、50代のヒゲを蓄えた男性が訪ねて来てくださいましてね~

そのいで立ちは、ハットをかぶり、黒地の万筋(細かな縞柄)のお召しに、墨系の墨流しという染め物の陣羽織をはおった、都会的なセンスを持ち合わせた方でした。


この辺りで見かけることのない おしゃれな風貌に私たちは驚かされました。


お話を聞かせていただくと、生粋の着物愛好家でいらっしゃって、長年に渡りご自身の着物を東京銀座にある有名な着物専門店で数多く揃えられたみたいで、その中に、刺しゅう作家の森さんの作品もお持ちになられていて、東京での着物パーティーでも森さんとご一緒されたそうです。


そのような繋がりもあり、私の店を訪ねてくれたみたいですが、着物のセンス以上に驚かされたのは、その方が車で10分近く離れた金沢の地にお住いの方だったんですね~


私にはそのことがとても衝撃的でした。


なぜなら、店の近くにお住まいの方が、ご自身の着物選びに、わざわざ東京まで足を運ぶ方がいることを知らされたからです。

それも一度や二度でなく、月に2回くらい通うこともあるというから本当にビックリしました。


着物好きな方の行動は計り知れないものがあることを聞かされていましたが、こんな近くに、そのような方がいらっしゃるとは思ってもいませんでした。


それだけに衝撃が走った訳ですが、森さんを交えて和やかに話をさせていただくと、私の店のことを以前から気にかけていらっしゃったみたいで、一度覗いてみたいと思っていたそうです。


森さんの来店がその引き金になったようで、ようやくこの店に足を踏み入れることが出来たこと話されていましたが、着物に対する感性が私と似たところがあったのか、牛首紬を用意したいとのご相談をいただくことができました。


あいにくおしゃれな男物を用意していなかったもので、時を改めて見ていただくことになりましたが、着物のセンスが上級者とあって、おしゃれの追求を牛首紬の世界で出来ることと出来ないことを製造元と相談した上で、提案させていただきたいと思っているところです。

そして午後には、森さんの作品の技を知る女性が訪ねて来てくださいました。

始めて来店される方とあって緊張するものがありましたが、お客様が想い描く模様があることを知らされて、オーダーメイドで作らせていただく提案をさせていただくと、とても喜んでくださいましてね~


それは雪の結晶の柄の袋帯です。


図案や帯地の素材など、アバウトなラインを示すと、ご納得をいただけるものがあり、打ち合わせを重ねて作らせていただくこととなりましてね~

これも森さんとダイレフトにお話を進めることが出来たからお仕事をいただけたのでしょう・・・

他にも森さんの作品に目が留まったのか、ある品を手にしてくださいましてね~

初めての出会いでしたが、感謝・感謝です。

私の店を信頼してくださいまして、本当に有り難く思っております。


その2件以外にも森さんの技を知る方が訪ねてこられて、これまでの会ではなかった珍しい出来事が数多く起きましたが、改めて森さんのファンが全国に多くいらっしゃることを知らされている次第です。


それは紛れもなく、着物離れや節約志向と言われている中で、本物と言えるものに魅力を感じている方が北陸の地にも多く存在していることを示すものかと思っていて、まだまだ一流店と言えるだけの店には至っていませんが、森さんのような方と親交を深めながら、店のステージを上げる努力を怠らないようにしたいと考えているところです。


こうして森さんは3日間の足跡を店に残されて、夕刻に帰りの徒につかれましたが、刺しゅう展は明日が最終日で、刺しゅう半衿の受け付けもしておりますので、時間が許すようであれば覗いてみて下さい。


とにかくいろんなことがあった3日間でした。


昨夜は早めに床に就き睡眠を充分取ったこともあり体調も戻ったみたいです。

最終日も気を抜くことなくベストを尽くしたいと思っていますが、さて、明日はどうな日になることでしょう・・・


それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   赤ら顔で体調を崩していた孫「美月」が体調を回復したみたいで、店に寄ってくれました。

昨夜は消化の良いものを食べさせ、バースディを祝っていないことを娘が言っていたので、もう一人の孫「音羽」も店に来ていたこともあり、ささやかなバースディを開いてやることにしました。



DSC_0088kizukinotannzilyoubi.JPG店内の模様替えの中で場所を開け、娘にケーキを買って来てもって、にわかバースディです。


「2歳のお誕生日おめでとう!」

本人は良く分かっていないようですが、大好きなイチゴが乗ったケーキがお気に入りみたいで、笑い顔が見れて安心させられました。





DSC_0096ba-sudhi-.JPGこうして、しばらくの和やかな時間を送ることが出来たのですが、食べ終わった後が大変です。


孫たちの手の届くところに和雑貨の猫商品が置いてあり、それに触れては大人たちは大声を・・・

それでもこりずに悪戯するもので、こらしめのために孫の手を叩いてレッドカードを出すと、表情が一転して大声で泣き声の合唱となりましてね~


しばらくご機嫌が直らす大変でした。


他愛のない出来事かもしれませんが、これが平和な暮らしと言えるものでしょう。

それなのに、現在、北朝鮮とアメリカの対立が度が増し始めていて、軍事衝突が起きかねない状態になっていることを知らされています。

仮にミサイルが飛び交うようであれば、失われる命がそこにある訳で、私たちの頭上にもミサイルが落ちて来るかもしれません。


平和な暮らしをしている人たちのことを関連諸国のトップはどう考えているのでしょう。

心を痛めながらニュースを見守っていますが、穏やかな解決法を見つけ出し欲しいと願って止みません。

世界の常識を持つ大人は、未来を築く子供たちのためにも、平和で安全な暮らしができる環境を整えるべきだと思うのですが・・・


さて、話は突然変わりますが、今晩は私のガス抜きの時間とさせていただきます。

趣味の一つでもあるマージャンをすることになっていましてね~

久しぶりなもので、気にかかることを忘れてリセットすることができればと思っているところです。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   着物姿の二人連れの女性が店に立ち寄ってくださいましてね~

お一人の方はかんざしが欲しくて、ネットで私の店の存在を知りお越しになられた方で、その方がお友達にこの店のことを紹介したくて訪れてくれたみたいです。

お二人とも40代前後の方のようにお見受けしたのですが、着物愛好家の仲間だそうで、月一回は着物でお出かけするようなことを話されていました。

共にお羽織を着て生粋の着物愛好家という印象でした。


二人は店の商品をくまなく見ながら、お取引のある呉服店さんと全く違う品揃えであることに新鮮さを感じていたみたいで、ある商品の着物と帯のコーディネートを紹介してみると、その魅力が判るみたいで、「おしゃれだわ~」と、表情が柔らくなるものがありましたが、お値段を見て表情が変わりましてね~


私の店のお値段が高いと思われたのかと思って、その価値を説明させていただいたのですが、実はそうではなかったですね~

余りにもお値段が安かったもので驚かれたみたいです。


お話を聞かせていただくと、これまで店の倍ほどのお値段で物を買っていたみたいで、展示会に行くと囲い込まれるようにして勧められていた感じのことを打ち明けられたのです。


そのような販売方法を取っている店に心当りがあり、不透明なお値段を付けて割引をしたり、物をサービスしてお買い得感を演出することが上手で、それに踊らされて買っていたのでしょう。

何度も聞かされている話でもあり、驚かされるものではありませんが、落ちがその話だったものでとっても安ど感がありました。


お客様たちとお茶を飲みながらいろんな話をさせていただいたのですが、「ここにこだわりのある店があることを知らなかった!」とのお話を聞くことが出来て嬉しく思った次第です。

4月の刺しゅう展の案内状が欲しいと言って店を後にされましたが、その会に来てくれそうなので二度嬉しいものがありました。


この先、ご縁が生まれるかは判りませんが、真摯にお客様と向き合えたらと思っているところです。


さて、お彼岸が近くなり、娘たちが店に来ていたので孫を引き連れて妻に会いに行ってまいりました。

始めて孫たちと3人で行くお墓参りです。



IMG_0660magotohakamairi.JPG覚悟はしていましたが、他の墓から物を持ってくるは、お墓の掃除を一緒にすれば水遊びをするわで、私の声がコダマするくらい大きな声で墓地を騒がせてしまいました。

ロウソクに火を付ければ、バースディケーキのロウソクの火を消すかのように息を吹きかける次女の娘「美月」。
脇をみれば何処かへ行ってしまって、姿が目に入らない長女の娘「音羽」。


妻も大きな声を上げていたのではないかと思いますが、頼もしく育っていることを喜んでくれていたことでしょう。


その後店に戻ろうかと思ったのですが、「一緒に遊びに行く~」と、問いかけると、孫の目が輝くもので近くの公園に行ってみることに・・・




IMG_0672magotoasobu.JPG見て下さい、この喜びようを・・・




IMG_0676magotoasobu.JPGまだ雪が残っていて、雪の中に足を踏み入れは、抱えて雪のないところに出して靴に入った雪を取り払ったり、転んで汚れた手を水で洗ったり、懲りない二人にここでも大きな声が飛び交います。




IMG_0678magotoasobu.JPGしかし、何でも興味を持ってくれて退屈させられません。

墓地も公園もほとんど人がいなくて孫たちのワールドでしたが、私も充分楽しませてもらいました。




DSC_0006harunokazarituke.JPG店に戻ると、店の出入り口を春バージョンに変えてくれていて、娘たちや孫たちに訪れた春を分けてもらった一日でした。


それにしても元気のいい孫たちでした。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   京都出張の日は早朝4時半前に起きることから、朝は寝不足で、帰りは気疲れなどもあって行き帰りの電車の中はいつも夢心地。

寒さも和らいだ京都でしたが、仕入れ先を回ってみると京都入りしている同業者が少ない感じがしました。


仕入れ先の話では、2月の和装関係の動きが鈍かったことも影響しているのかもしれないと言っていましたが、明るいニュースはあまり聞こえて来ませんでした。


仕入れ先では夏物を発表している先が多く、備えをしておくべきなのでしょうが、私にはピントが会わないこともありまして気持ちが乗らない出張だったもしれません。



IMG_0631furosikitutumi.JPGその中で気持ちが通う合ったのは風呂敷作りに特化するメーカーさんで、このメーカーさんのでも風呂敷記念日に包み方の講習をされたみたいで、互いに情報交換をしながら新しい包み方やバッグの作り方のご指導を受けてまいりました。


接客をしてくれた方いわく、昔は風呂敷をギフト用として利用してくれたこともあって点数が動き、今は動く点数が少なくなって風呂敷を生活の中で使う人が増えたように思う。

メディアに風呂敷きが採り上げられるようになったこともあるが、こつこつ積み上げてきた啓蒙活動が風呂敷の価値を変えたのではないだろうか。

その語りかけは、厳しい環境の中でも新しい道を探っている姿勢が伺えるものでした。


振り返れば昔は何でも点数が動いたものです。

お客様は世の中の習慣に深い疑問を持たず、婚礼であれば着物や家具を用意するのが当たり前のように思っていて、お勧めすれば買い物の繋がる時代でした。

そこには物の価値よりも、世間と同じであることを良しとしてて、形を整えるところに意味があったのでしょう。


それが通用しない時代になり、消費する価値や楽しみ方を伝えないと買い物に繋がらなくなっていて、専門店のあるべき姿が問いかけられている気がしました。


記事をまとめきれていませんが、今日はこれにて・・・

お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   ようやく春が来たかと思えるような清々しい日で久しぶりに来客の多い一日でした。

春の陽気に釣られてウキウキさせられるものがあって立ち寄っていただけたのではないかと思いますが、珍しく新規客が多く、猫展と風呂敷の提案が路面店のハードルを低くしてくれていたのかもしれません。


まだ、消費に力強さがありませんがそれでも嬉しく思っている次第です。


今回の猫展は猫の和雑貨に興味を引かれる方は多いものの和装関係になると縁遠いものがあるようです。


店主が好きなものと、お客様の着物に対する価値観の違いを見せつけられた感がありますが、この店の特徴を知っていただける機会になったのではないかと思っております。




IMG_0613yakiniku.JPG今晩は家族で焼き肉を食べに行くことになり、近くの焼き肉店へ行ってまいりました。

サービスディとあって予約が利かないことから早めに向かったのですが、ずでに団体客が入っていて、その話声が喧しくでね~

ストレスが溜まる雰囲気に孫たちも行き場を失った様子で、家族団欒というわけにはまいりませんでした。


そして食べ終わってから全員が我が家に。

そこで息を吹き返した孫の笑い顔に大人たちは安らぎを味わうことがだきましたが、みんなの笑顔が心の支えになっていることを知らされます。


親として充分なことをしてやることができませんが、つかの間の幸せを分けてもらった夜でした。


そして私は思います。

厳しい社会の中でも家庭が安らぎの場になるように、互いを敬い、そして助け合う努力の先に温かな家庭が築かれていくことを忘れないでいて欲しい。

それが亡きお母さんへの恩返しになることも心に留めておいてくれると嬉しいです。


今日はブログ休息日ということで、これで失礼させていただきます。


ではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   東京出張から戻ってまいりました。

東京と比較にならない静けさと、どこまでも暗闇が続いた住み慣れた地に戻れたことにホットさせられるものがあります。




IMG_0610akasakaasada.JPG目的とする赤坂での展示会を心配していたのですが、ご相談をいただいていたお客様がお越しになられてご満足いただけたことがとても嬉しかったです。

しかし慣れない環境でもあり、戻るまで気が張り詰めていたことは確かで、唯一大人の修学旅行気分になれたのは昨晩の夜だったかもしれません。

それは仕入れ先の担当者と始めて入ったイタリアンの店でのことです。

カジュアルな雰囲気のカウンター席で美味しいワインと料理を味わいながら、知らない世界に触れることができましてね~

お酒が飲めない方なんですが、ほろ酔いながら有意義な時間を過ごせました。

仕事のことも忘れることができましたし、ワイン好きな亡き妻のことを思い出すこともできました。


田舎者なので何に触れても印象に残るものがありますが、たまに東京へ行くことが息抜きになっているのかもしれません。

いずれにしても、メリハリのある二日間であったことに感謝したいですね。

ありがとうございました。


戻って来るのが遅くなってしまって、簡単ですが出張のレポートとさせていただきます。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

DSC_0022.JPG 2月22日はニャン・ニャン・ニャンで「猫の日」で、2月23日はつ(2)つ(2)み(3)で「風呂敷の日」。

店のウンドーは左右に分かれて忙しそうにしていますが、店内も猫と風呂敷が自分の出番とばかりに力が入っています。


しかし、その前に今日と明日の二日間、東京の赤坂の地で展示会が開催されていて、これから東京へ向かわなくてはなりません。

新しい販路を見つけ出すために足を踏み入れる訳ですが、不安を掻き消すためにも夢を大きく持って赤坂の地の身を置きたいと思っているところです。


何事も行動してみないと掴めないものが多くあると思っていますが、少しばかり大人の修学旅行気分でいることも確かで、気分転換になるものであればと思うところもあります。

なので、難しいことは考えないで楽しんで来ます。


では、行ってまいります。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

 どうにか畳を入れ 売場を広げる作業を終えるもとができました。


CSC_0029.JPG予定通り事を進めることができましたが、これから商品を入れて順番にディスプレーをしていかねばなりません。

まず先に和雑貨のコーナーから・・・


このような感じで売場を仕上げていくのですが、店内は商品で溢れていてこれからが腕の見せ所。

半年に一度のことですが会を開くというのは本当に大変なことです。


その一方で気になっていることがありましてね~

今月28日(金)に、石川小売酒販組合の会合の場で風呂敷について2時間の講演をすることになっていて、どのようにしてこの時間を埋めたらいいのかがよく解っていません。

というのも、人前で5分や10分話したことはあるのですが、120分というのは初めてのこと。それも風呂敷についてとなると正直自信がありません。

そこで娘たちにも手伝ってもらって、風呂敷の包み方を幾つか動画に撮ってみらって、それを教材に包み方の講習を取り入れることにしました。

(昨日ユーチューブにアップしたとのことで、娘たちのサポート振りを紹介してみたかったのですが、私の能力ではブログにアップできなくて申し訳ありません。)

その講習に30分から40分の時間を割きたいと考えていますが、残りの時間をどのように使うかです。


県内の数多く風呂敷を扱う店がある中でご指名をいただいただけに、実のある120分にしなくてはなりません。

なので、今日はブログ投稿を早く終わらせ、講演のあらすじのような原稿を作ってみたいと思っています。


簡単な記事になりましたが、今日はこれで閉店とさせてください。

では、お休みなさい。

● 風呂敷 基本のま結び



● 風呂敷の包み方 花ビン包み



● 風呂敷の包み方 二つ結び



● 風呂敷の包み方 合わせ包み



● 風呂敷の包み方 リボン包み

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  青空が広がる最高の日でしたが、今日、着物をお召しになられた方は暑さに汗を流されたでしょうね~

驚くぐらいに気温が上がり、無性に冷たいものを口にしてみたくなる一日でした。

着物についた汗はシミの元になるものがあるので、お手入れを済ませてから片づけてくださいね。
着物メンテナンスも受けているので、判らないことがあればいつでも相談ください。


今月は神無月の会を21日(金)から開きたいと考えていて、そのご案内を先月の20日以降から始めているのですが、余りにも早い案内でもあって、店の催事がお客様の記憶から消えてしまう可能性があります。

そこで、忘れられないようにするために、10月号の「あ・うん」を配った先に時期を見計らって、11月号の「あ・うん」に会の案内を入れて配りたいと考えていましてね~


無理して11月号の情報紙作り、頑張ってみました。



DSC_0015zilyouhousi199gou.JPGそして今日、199号の「あ・うん」ができあがったんですね~

こんなに早く仕上げたのは、後にも先にも初めてかと思っています。
少し無理をすれば集中力が出るものだと、我ながら感心しさせられていますが、この原稿ができる度にホットさせられるものがあります。


これで、会に向けての備えを用意することができました。


そして明日は京都出張の日です。

いつもと変わらず、仕入れ先を訪ねて、店に合う商品を探し歩くわけですが、催事が控えていることもあって会の品揃えの充実を図る段取りも済ませておかなくてはなりません。

忙しい日になりそうです。


そこで今日は商品仕入れのことについて記事を書いてみたいと思います。


仕入れ先いわく、和装業界が低迷する中で仕入れをするお店が激減していることを口説かれます。

物が売れなっから仕入れができないというのは自然な姿かと思いますが、それが数か月続けば、仕事への意欲とか新しい店作りというもが、知らず知らずのうちに遠のくのではないでしょうか?

その間、仕入れ先の企画に乗ってイベントを組むのも店作りの考え方の一つではあります。

しかし、長い目で見れば、店の特徴やサービスを生み出すものではない気がしてなりません。また、商品の吟味も甘くなり、物を売ることだけに執着する行為に終わってしまいがちになります。


かつては私も、仕入れ先との甘えの中で店作りをしていた時代がありましたが、新しい商品が昔に比べて作られていない中で、仕入れを押さえてお客様のニーズに応えていくことがとても難しくなっていることに気づかされていましてね~

しかし、資本力が乏しいとなれば、簡単に現状を変えられるものではありません。


どうすればいいかを考えたとき、欲しいものが100点あったとしたら、、娘にしてもいいと思えるものを絞り込み、店のビジョンに沿うものを見つけ出し、そしてそれを手にすることは、宝物を手にした気持ちになるんですね~

商売の素人みたいなことを言っていますが、苦しい現状であればあるほどそんな気持ちになります。

そうすると、たかが一点のことなのに宝物を手にした私は、お客様に「この娘綺麗でしょ・・・」と、見せたくなるんですね~

紹介する気持ちのも愛情が注がれ、お客様の心を動かすものになるのではないでしょうか?


お嫁入りが決まれば、天にも昇る気持ちになりますし、仮に、見込みが違ったとしても多くのことを語り掛けてくれるものがあります。

「この店のお客様ニーズに合わないものを選んでしまったのか~・・・」

そこで始めて、お客様のニーズに応える商品って何なのかを真剣に考える切っ掛けになり、仕入れる商品がクリアーに見えてくるのではないでしょうか?


私たちは現状を変えようと思ったときに多くのことを望みます。

多くのことを望めば、言うまでもなく、「無理、できない!」と、自分の器を地下深く埋めてしまいます。


しかし、1/100かもしれない、ややもすれば1/1000であったとしても、変えてみたい気持ちがあれば、小さな小さな一つのことから前を向けるのではないでしょうか?

商いとはそんなものです。

「もしかしたら、幸運の恵みが訪れるかもしれない。」

私は宝くじを買うより、現実味があるように思えるのですが・・・



IMG_0333.JPGお母さん、僕のブログお母さんの元まで届いていますか?

いつも強がりを書いていますが、本音は不安でしょうがありません。


でも、お母さんの分までこの仕事でよかったと言えるものにしたいです。

これからもパワーを送り続けていてくださいね。

そのためにも自分を信じ努力を惜しまないで頑張ってみるつもりです。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  おはようございます。

今日と明日の二日間、新しい出会いを求めて銀座で開かれている展示会場に向わんとしているところですが、田舎者だけに銀座で過ごせることを楽しみにしておりましてね~

人の多さも、高いビルも、見るものすべてが私の住む町とまったく違って大都会。

話題を集めるショップも多くあり、すました顔でウンドーショッピングも楽しめますし夜の銀座も楽しみたいと思っていましてね~

刺激をいただける街です。


これまでに何度となく銀座に足を踏み入れても、大人の修学旅行気分が抜けきらず生粋の田舎者と言えるのかも・・・


そんな軽い気持ちで二日間の展示会に臨んでみたいと思っていますが、心の隅に不安な種が潜んでいることに気づかされます。

幸運の女神が訪れなくても私にはいい勉強になることでしょう。


新しい道を切り開くというのは簡単ではないことを心の留めて、着物愛好家が埋もれる街へ向かいたいと思います。

遠くから応援をしていてくださいね。

それでは大人の修学旅行に行ってまいります。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   今日は曇り空で気温も高くなかったことから、午前中は店の駐車場や街路樹の周りの草むしり。

毎日気になっていただけに、草むしりを終わることができてスッキリしました。これで新しい季節を迎えることができそうです。



DSC_0004otukiminofurosiki.JPG今年の十五夜は9月15日。

旧暦の8月15日、現在の9月18日前後は、ちょうど満月に当たります。この日を「十五夜」と呼び、満月におだんごなどの供え物をして、お月見が催されてきました。

旧暦では7月から9月までが秋で、8月を「中秋」と呼んでいたため、「中秋の名月」ともいいます。


中秋の名月を観賞する習慣は、すでに唐代の中国で行われていて、野菜や果物などを供えて月を拝み、観賞したという記録が残っています。
これが平安時代ごろに日本に伝わり、当初は貴族階級の間で十五夜を観賞していましたが、やがて一般庶民にまで広まって全国的な行事となりました。

この行事は、農村では豊作を祈って、畑でできた秋の収穫物、とくに里イモを供えていたことから「芋(いも)名月」とも呼ばれています。


ちなみに旧暦の9月13日(現在の10月の中ごろ)の月見を「十三夜」といい、この時期は秋の収穫を祝うという意味もあったので、豆や栗などの作物を供えました。そのため「豆名月」とか「栗名月」などとも呼びます。


現在は、「十三夜」の風習は薄れてきていますが、かつては「十五夜」と同じように「十三夜」の月見も重要な行事とされていました。


本に書いてあった内容を丸写ししてしまいましたが、少しばかり秋の気分になっていただけたでしょうか?

私もこのような情報を取り入れながら心を秋へ向けているところで、売り場を触ってみたり、気持ちの切り替えに草むしりなどをしているのですが、8月の気候に呑み込まれていて気持ちが緩みがち。

困ったものです。


自分をコントロールすることって、本当に難しいものがあります。


こんな時は、気持ちの再生プログラムを作って、秋商戦に向けてのパワーを蓄える工夫をしないと・・・

となれば、サウナでも行って汗を流すというのはどうだろう・・・


「理屈とチューインガムは、いつでもどこでもくっつく」と言っていた、かつての上司がいましたが、まことに勝手な理屈を並べ言い訳をしている私がいます。


ということでサウナに行ってまいります。
明日はどんな自分になっているでしょうか?


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

 今日は我が家の草刈りの日です。

と言いながらも草刈りをしたくない気持ちがあって、避けられるものであれば自宅でのんびりと過ごしていたいのですが、代わりにしてくれる人もいなく、今日という日を逃してしまえばいつできるか判りません。


そのことを自分に言い聞かせ朝8時に草刈りの準備をして、草のジャングルとなっている北側の庭に飛び出し、それ以後はひたすら草と戦う私でした。

そしてやり終えたのが午後2時過ぎのこと。



IMG_0205kusanogomi.JPGなんと、刈り取った草はゴミ袋に11個分。これまでの最高記録を打ち出しました。

やり終えた満足感もありましたが、日頃使わない筋肉を使ったこともあり、背筋はだるいし指先の握力はなくなるし、夏の暑さもあってグッタリ・・・

シワ―をした後に疲れて眠ってしまいましたが、この後何もするきが起きません。

夕食も欲しくない気分です。


IMG_0204.JPG草むしりをしている途中に、これまで見かけたことのない植物が覆いかぶさるように育っていてビックリ!

5月の連休に草むしりをしたときにはなかったのに、いったいどういうこと・・・


鳥が種を運んで来たのかもしれませんが、その繁殖振りに目を疑うものがありました。


日ごと目が届かない北側の庭は鳥や虫たちが生き生きと暮らしているようで、綺麗に取り除くには忍びないものがありますが、こうして草を取り除くとスッキリするものです。


マンション暮らしの方にはご理解いただけないでしょうが、一つ我が家の仕事をやり終えてホットしているところです。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  少ない人数で店を切盛りしているもので、今日から店内を「涙・市」に向けての準備に入ることに・・・

その前に、店内から死角になるスペースに商品や備品などが置いてあり、いつのまにかその場所が雑然となっていましてね~

大きな催事を開くときには会場を広く取るもので、その場所から片づけなければなりません。


地味な仕事ですが、まずはそから・・・


そこには行き場を失った和雑貨や半端物の商品が点在していて、片づけながら後悔するんですね~


「この商品は店に合わなかったのかな~」

「何を思って、この商品を仕入れたのだろう~」

「商品に傷が付いている!どうしょう・・・」


そんな感じで呟いていると、体力を使っている訳ではないのに疲れが出てまいります。


「販売する力が無いのかな~、それとも仕入れに対するセンスがないのかな~」

その結論は200円均一という捨て値で売場に出そうかと考えているとことです。


商品たちに「ゴメン!!!」の一言。



DSC_0024yukatako-dhine-to.JPG一方で、売り場を埋め尽くしている旬の浴衣が並んでいるのですが、今年は利益を取れないままに割引価格を入れていかなくてはなりません。

この作業がとっても辛くてね~


季節商品を取り扱う店の宿命なのに、やり切れないものがあります。

ここにも商品たちに「ゴメン!!!」と呟く日が来ることでしょう。


こうして「涙・市」の準備を進めていますが、今晩は着付け教室の日でもあるので、仮置きした商品や備品を元に戻して売り場作りをひとまず終えることができました。



さて、明日は京都へ向かう日です。

現在京都は祇園祭の真っただ中で、「祇園祭を楽しんでまいります」と、言いたいのですが、目的は京都の仕入れ先が展示会を開いていて、その会場にお客様がお越しになられるので、会場でお会いするために京都入りします。


素敵な一日となればいいのですが、こればかりはご縁のもの。

明日は少し気温も低くなるみたいで、祇園祭の雰囲気だけでも味わえたらと思っているところです。


着付け教室も終わったことだし、今日は早めに自宅に戻って体を休めることとします。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ