3日間のお盆休みをいただき、今日は予定していた自宅の草むしり。

お盆休み恒例の行事となっているのは、完全休業日でないと時間が作れないことや、雨で草むしりができないこともあるので、まとまった休みがあるときにするようにしているからです。


幸いにも今日は曇り空で、時折涼しい風が吹いて、草むしりのコンディションとしては絶好の日。

気合を入れて朝9時半から始めて庭の草を取り続けること5時間半。区切りを付けられたのが午後3時で、それからシャワーを済ませて、昼食を取った次第です。




IMG_0987.JPGゴミ袋に詰めた数はなんと10袋。

とっても疲れました。


気力体力を使い果たしてしまって、何もしたくない状態でいるところです。

夜には私の好きなマージャンをすることになっているのですが、背筋はだるいし、考える力も欠乏していて楽しむことができるのでしょうか?

心配ですが、これから行ってまいります。


簡単な記事で終わることになりましたが、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  9月号の情報紙「あ・うん」が出来上がっておらず、人の出入りが少ない時にネタを探して構成ができればと、デスクワークする一日でした。

情報紙の中身を考えていたときに、先日、結城紬の産地に出向いたレポートを「あ・うん」に載せることができないかと思うところがありまして作文をしたのですが、その流れから結城紬を秋の「神無月展」で採り上げることを決めたこともあり、そこに至るまでの動機と会の趣旨をここに綴ってみたいと思います。


まず先に、「あ・うん」に載せたレポートから・・・


              - 結城紬の産地を訪れて -



IMG_0977yuukitumugi.jpg
 台風5号が日本に上陸していた8月7日に結城紬の現状と作り手の気持ちを知りたくて、栃木県結城市に行ってまいりました。

現地でお力を貸していただいたのは、結城紬の製造元として長い歴史を持つ「奥順」さんという会社で、その担当者に連れられて、いしげ結城紬の製造現場を幾つか尋ねたのですが、地味な環境の中で、60歳代から80歳代の高齢者によって作られていることに衝撃がありました。

とにかく若い年齢の方がどこに行っても見当たりませんでした。


結城紬は茨木県結城市と栃木県小山市一体で織られているものを「本場結城紬」と呼び、茨城県結城郡石下地方で、人の手を介して合理化を図って織られものが「いしげ結城紬」と呼んでいます。

「本場結城紬」にも大きく分けて二種類の品があり、真綿(まわた)から糸を引き出した手つむぎ糸を使い、絣は手括り(てくくり)で絣糸を作り、もっとも原始的な地機(じばた)で織るという、三つの条件を満たした工程から織られたものが重要無形文化財に指定されるもので、直接染料で絣糸を染めて高機(たかばた)で織られたものとの二つが「本場結城紬」と呼んでいるものです。


「いしげ結城紬」を含めて3種類の作り方が異なる結城紬が作られている訳ですが、どれもが真綿糸で織られていることもあり、職先を回った後に織り上がった製品を幾つか見せられたのですが、「本場結城紬」と「いしげ結城紬」の見分けができませんでした。

これまで「いしげ結城紬」は見劣りするものだと思っていただけに、変な先入観を取り払うことができましたが、同時に、結城紬の産地も後継者が育っていなくて、合理化を図った「いしげ結城紬」の産地でさえも技術が途切れつつある現状を知らされた次第です。


以上のことを9月号の「あ・うん」に書かせていただきましたが、本場結城紬が100万円するものであれば、いしげ結城紬は1/3~1/4くらいの価格で手にすることができる紬です。

いしげ結城紬にはほのかな照りがありますが、私には、見た目や手触りは本場結城紬と見分けができず、組合で張られた商標で判断するものでした。

それだけ私が勉強が足りていないということかもしれませんが、製造元の現場に足を踏み入れてみて、結城紬の魅力を噛みしめることができたことだけは確かです。

このことを受けて、真綿紬の着心地をお伝えできるものであればと思うところがあり、秋の神無月展にて製造工程の違った三種類の「結城紬」と、産地で織られた結城紬の帯を紹介してみることを決めました。


これまで重要無形文化財の結城紬を扱うことが着物専門店のステータスみたいなものがありましてね~

この仕事に関わり始めていたときから仕入れ先からそのことを植え付けられていて、未熟者の私としては荷の重たいものがあり、結城紬の特集をけん制してまいりましたが、今回の産地訪問で、いしげ結城紬の品質の良さを知ることとなり、偏見とも思える変な考え方を取り払うことができたようです。


それは、高価な文化財の着物をお客様に見ていただくことも店の役割なら、お手軽な結城紬に触れていただくことも店の役割だと思えるものがあったからです。

結城紬の括りで当店の展示会に採り上げるのは初めての試みで不安もありますが、私が感じ取った素直な結城紬の魅力をお客様にお伝えできればと思っています。

心が決まれば会の味付けも考えなくてはなりませんが、どうか期待を寄せていてください。


想いが多いと、つい、文字数も多くなってしまいますが、レポートを書いている時に長女が娘たちを連れて寄ってくれましてね~

店も暇だったもので孫の音羽と近くの公園で遊んでくることに・・・





IMG_0982otiha.JPG


IMG_0985.JPG誰もいない公園でひと時を過ごしてまいりましたが、お茶とおやつがあればもっと楽しむことができたかもしれないと思うところがありました。

もっと会話ができるようになれば、好きなところに連れて行ってやることもできるのですが、近くの公園で物足りなかったかもしれませんね。


さて、明日から3日間お盆休みをいただくことにしました。

なので店はお休みになりますが、明日は自宅の草むしりをしたいと思っています。

そして、夜は気の合う仲間とマージャンなんですね~

乙な休暇の過ごし方ができませんが、わずかでも仕事のことを忘れていられそうなので気持が楽になっている私です。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   今日からお盆休みに入り、皆さんはバカンス気分でいらっしゃるのではないでしょうか。





CSC_0023saizkifurosiki8gatu.JPG  羨ましく思いますが、お盆を海で楽しむのも有意義なものです。

画像はその様子を小風呂敷に描いたので、引き込まれるものがあるかと思います。


これは8月の日本の歳時記を「海」でイメージした風呂敷タペストリーなんですよ・・・


たかが50㎝角の綿風呂敷ですが、見ていると優雅な気分にさせられるものがあり、日本の四季を12ヶ月でまとめたものをタペストリーとしてセット販売したいと考えていましてね~



そこで今日は揃えた12ヶ月の歳時記タペストリーをここに紹介してみたいと思います。


まずは一月から・・・

癒されてみて下さい。





CSC_0017saizikifurosiki.JPG◆一月 「睦月」(むつき)・・・お正月

◆二月 「如月」(きさらぎ)・・・節分





CSC_0018saizikifurosiki.JPG◆三月 「弥生」(やよい)・・・お雛様

◆四月 「卯月」(うづき)・・・お花見





CSC_0019saizikifurosiki.JPG◆五月 「皐月」(さつき)・・・子供の日

◆六月 「水無月」(みなづき)・・・梅雨





CSC_0020saizikifurosiki.JPG◆七月 「文月」(ふみづき)・・・七夕

◆八月 「葉月」(はづき)・・・海の日





CSC_0021saizikifurosiki.JPG◆九月 「長月」(ながつき)・・・お月見

◆十月 「神無月」(かんなづき)・・・ハロウィン





CSC_0022saizikifurosiki.JPG◆十一月 「霜月」(しもづき)・・・紅葉

◆十二月 「師走」(しわす)・・・クリスマス



以上12種類の月ごとの歳時記を紹介させていただきましたが、季節感タップリで見ごたえがあったでしょ・・・

一枚の小風呂敷の大きさは50㎝幅のもので、歳時記の中に登場していた生き物に気づかれたでしょうか?





DSC_0026kikeneko.JPGそれは日本人が愛してやまない「三毛猫」です。


この三毛猫にも癒されるものがあり、コンパクトで季節感溢れるタペストリーがお部屋の一角に提げてあったとしたら気持も豊かになることでしょう。

それも月のカレンダーをめくるようにして、毎月替えられたらお部屋のインテリアとしても活用していただけるのではないでしょうか?


そんな想いもありまして、12種類の歳時記風呂敷をセットにしてご注文を取ることにしました。

それも特典付きで・・・


当店が提案させていただくのは、歳時記風呂敷一枚のお値段が税込み648円となるものをタペストリーにするための「棒」と「両面ガーゼてぬぐい」を一枚付けて7,770円の価格で、限定10セット販売させていただきたいと考えています。





CSC_0012ga-setenugui.JPGそれ特典がこちらの画像に映る品です。

棒は幅が55㎝の長さで、両面ガーゼ手ぬぐいは左の「椿柄」か、右の「飴尽くし」のどちらかをお選びいただかるように2種類の品を用意しました。





CSC_0016ga-zetenugui.JPG大きさは長さ88㎝×34㎝幅のものです。


なので、一枚648円×12枚で7,776円となるものを、タペストリーの棒と両面ガーゼ手ぬぐいをそれぞれ一点添えて7,770円で、10セット限りですが受け付けます。


オンラインショップにも載せましたが、お電話でも受けつけたいと思っているので気軽に相談ください。





CSC_0024saizikifurosiki9gatu.JPGまた単品の場合は、タペストリーの棒を付けて税込1,080円となります。

単品でもご注文がいただけるものなので、気軽の相談をいただけたら嬉しく思います。





DSC_0061 (1)saizikiburosiki.JPGたかが風呂敷ですが、このように改めて見てみると風情のあるもので、ご自宅用だけでなく、お店をお持ちの方であれば店内のディスプレーとして季節を演出してみられてもよろしいのではないでしょうか?




DSC_0052 (1)saizikifurosiki.JPGまた、外国人のお土産としても喜んでいただけるのではないかと思っています。

どうか参考にされてみてください。


どうにか、記事をまとめることができてホットしました。


では、これにて・・・
お休みなさい。











着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   明日からお盆休み入られる先が多いかと思いますが、私の店は13日(日)~15日(火)までの3日間をお盆休みとさせたいただくものでもう少し頑張らなくてはなりません。


今日はどんより曇り空で気温も数日前から比べると高くなく、夏が終わってしまった印象がよぎる一日ではなかったでしょうか?

どことなく物悲しさを感じていますが、これもお客様が少ないことと関係しているのでしょう。


世の中がお休みモードに入る頃になると、店内の活気が薄らいでしまって嫌になりますが、口説いていても仕方ないので今日の投稿とさせていただきます。


私の店は人が集まる立地に店舗がある訳ではありません。

どちらかと言えば郊外の田園地帯に住宅地が少しづつ広がる、のどかな風景を残した場所に国号が通っていまして、その道沿いに店を構えています。

車の量は多いものの店の前を人が歩くことが少なく、目的のある人が車で寄る店といえるかもしれません。


なので、店の存在を知っていただくために情報発信を怠らないようにしているのですが、今にして思えば、考える力が身に付いたのではないかと思っています。


どんな店にしたいのか?

どうしたら着物ファンを呼び寄せることができるのか?

お客様のお役に立つ店って、いったい何なのか?

リピーターになっていただくためには、どんな接客がお客様の心に響くのか?

新しく取り入れたことを、どんな方法で周知することができるのか?


いろんな角度から問い直す機会があったから考えることも多くなり、決めたことを実行したご褒美として、続ける力をいただけたのでしょう。

そんな気が致します。


毎日投稿を続けているブログ記事も一日を振り返る機会になっていまして、記事を書きたくない日や、ネタがなくて書けない日もありますが、店の性格を知ったいただくものになっているのではないでしょうか。


おそらく、恵まれた環境に店があったなら、こうはならなかったでしょう。


そのようなことを思うと、店作りって経営者の心創りなのかもしれませんね。




DSC_0011gkagayuuzennnohoumonngiwoko-dhine-to.JPGさて、こちらの映像はオーソドックスな加賀友禅訪問着を龍村の袋帯でコーディネートしたものです。

映像の撮り方が不十分だったかもしれませんが、癖のない清楚な組み合わせではないかと思っております。


お若いお母さんの入卒時の装いとしてお召しになると素敵でしょうね~


加賀友禅は石川県が産地だけに、店としてもこだわりを持ちたいと思ところがありまして、映像だけになりましたが紹介させていただきました。


たまたま閉店後に息子夫婦が店に来ていまして、3人で夕食を共にしたのですが、たまにはいいものです。

投稿が遅くなってしまいましたが、これで閉店と致します。
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   台風が過ぎたのにお客様が少なくて、夏休み状態になりつつあります。

気持も緩みがちで自己管理が難しくなっていますが、お盆が明けたら秋商戦が始まることもあり、少しずつですが店作りを夏物から秋物に替え始またところです。

残暑が厳しくて秋のムードに乗れないでいますが、新しく入荷した秋物に触れながら気持ちをふるい立たせています。


その一方で、ネットを活用した秋の店作りのことも考えておかねばなりません。

娘には新しい情報を載せるように言っているのですが、そんなことはちっぽけなことで、販路拡大を考えるうえで集客を図るノウハウを掴むことが大きな課題となっています。


このようにして物事を前に進めることって、気力がないと考える力も湧いてきませんし行動に移すこともできません。

結局、何もできないで終わってしまうのです。



新しいことにチャレンジしても結果を生み出さない。

コツコツ仕事を積み上げても成果が現れない。

何が足りないのか判らない。

時代の流れについて行けない。

お金がない。


「ない、ない」が続くと、自信を失い挫折感を味わう訳ですが、100人の商いをする者がいれば、人を選ばず100人について廻る商いの別れ道かと思っています。


ここに要となり「気力」がないと物事は前に進まないのでしょう。


それは大きな「事」に向かられるものだけではありません。

むしろ小さなことに向けられる気力が新しい風を起こしきっかけとなるもので、暇な時こそ威力を発揮するのではないでしょうか?


何かを変えたかったら、気力が一番で来て、次に知恵かと考えていますが、そのことを自分の戒めのように問いかけるものがあり、重い腰を上げて秋の準備を始めたところです。



つまらない話から始まってしまいましたが、面白い帯が届いていたので、その帯を使って小紋をコーディネートしてみました。




DSC_0090komonnwoosilyarefukuroobideko-dhine-to.JPGそれがこの画像にコーディネートです。


ヒワ色の飛び柄小紋は単衣用としても使える生地で、その着物に、黄色が際立つおしゃれ袋帯を合わせてみました。

個性的な着こなしになりますが、このようなコーディネートを好まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


着物も帯も明るさがあって嫌いではありませんが、少しパンチが効きすぎたかもしれませんね。


遠くからでも目について、元気な女性にお似合いになると思いますよ・・・






CSC_0029osilyarefukuroobi.JPGこちらのおしゃれ袋帯は、大きな渦を巻いた模様が黄色とレモン色が交互に並んだパンチ力のある帯です。

面白さとおしゃれ感があって惹かれるものがあります。


ヒワ色の小紋のコーディネートには少し無理があったかもしれませんが、目が慣れて来ると好きに思えるようになるから不思議です。

もしかしたら帯の魅力が私の中に眠る感性を掘り起こしたのかもしれませんね。


参考にさせてみて下さい。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 着物・和装(教室・業者)
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ