今日は春らしい清々しいお天気になりました。

刺しゅう展は3日目を迎え、来客数は少なかったものの刺激的な出来事が多くあった一日だったかもしれません。


それは午前中のことです。

今回お招きをした刺しゅう作家・森さんを知る、50代のヒゲを蓄えた男性が訪ねて来てくださいましてね~

そのいで立ちは、ハットをかぶり、黒地の万筋(細かな縞柄)のお召しに、墨系の墨流しという染め物の陣羽織をはおった、都会的なセンスを持ち合わせた方でした。


この辺りで見かけることのない おしゃれな風貌に私たちは驚かされました。


お話を聞かせていただくと、生粋の着物愛好家でいらっしゃって、長年に渡りご自身の着物を東京銀座にある有名な着物専門店で数多く揃えられたみたいで、その中に、刺しゅう作家の森さんの作品もお持ちになられていて、東京での着物パーティーでも森さんとご一緒されたそうです。


そのような繋がりもあり、私の店を訪ねてくれたみたいですが、着物のセンス以上に驚かされたのは、その方が車で10分近く離れた金沢の地にお住いの方だったんですね~


私にはそのことがとても衝撃的でした。


なぜなら、店の近くにお住まいの方が、ご自身の着物選びに、わざわざ東京まで足を運ぶ方がいることを知らされたからです。

それも一度や二度でなく、月に2回くらい通うこともあるというから本当にビックリしました。


着物好きな方の行動は計り知れないものがあることを聞かされていましたが、こんな近くに、そのような方がいらっしゃるとは思ってもいませんでした。


それだけに衝撃が走った訳ですが、森さんを交えて和やかに話をさせていただくと、私の店のことを以前から気にかけていらっしゃったみたいで、一度覗いてみたいと思っていたそうです。


森さんの来店がその引き金になったようで、ようやくこの店に足を踏み入れることが出来たこと話されていましたが、着物に対する感性が私と似たところがあったのか、牛首紬を用意したいとのご相談をいただくことができました。


あいにくおしゃれな男物を用意していなかったもので、時を改めて見ていただくことになりましたが、着物のセンスが上級者とあって、おしゃれの追求を牛首紬の世界で出来ることと出来ないことを製造元と相談した上で、提案させていただきたいと思っているところです。

そして午後には、森さんの作品の技を知る女性が訪ねて来てくださいました。

始めて来店される方とあって緊張するものがありましたが、お客様が想い描く模様があることを知らされて、オーダーメイドで作らせていただく提案をさせていただくと、とても喜んでくださいましてね~


それは雪の結晶の柄の袋帯です。


図案や帯地の素材など、アバウトなラインを示すと、ご納得をいただけるものがあり、打ち合わせを重ねて作らせていただくこととなりましてね~

これも森さんとダイレフトにお話を進めることが出来たからお仕事をいただけたのでしょう・・・

他にも森さんの作品に目が留まったのか、ある品を手にしてくださいましてね~

初めての出会いでしたが、感謝・感謝です。

私の店を信頼してくださいまして、本当に有り難く思っております。


その2件以外にも森さんの技を知る方が訪ねてこられて、これまでの会ではなかった珍しい出来事が数多く起きましたが、改めて森さんのファンが全国に多くいらっしゃることを知らされている次第です。


それは紛れもなく、着物離れや節約志向と言われている中で、本物と言えるものに魅力を感じている方が北陸の地にも多く存在していることを示すものかと思っていて、まだまだ一流店と言えるだけの店には至っていませんが、森さんのような方と親交を深めながら、店のステージを上げる努力を怠らないようにしたいと考えているところです。


こうして森さんは3日間の足跡を店に残されて、夕刻に帰りの徒につかれましたが、刺しゅう展は明日が最終日で、刺しゅう半衿の受け付けもしておりますので、時間が許すようであれば覗いてみて下さい。


とにかくいろんなことがあった3日間でした。


昨夜は早めに床に就き睡眠を充分取ったこともあり体調も戻ったみたいです。

最終日も気を抜くことなくベストを尽くしたいと思っていますが、さて、明日はどうな日になることでしょう・・・


それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

 今日も開店時から多くのお客様にご来店いただくことができ、閉店時までお客様が切れることがありませんでした。

刺しゅう半衿作りは、お招きをした刺しゅう作家森さん存在もありまして、興味を引くものがあったのではないでしょうか。

中には、森さんが石川県に来ていらっしゃることを知り、顔見知りの方が尋ねてこられたりして、有名人であることを知らされるものがありました。


皆さんに丁寧にお相手して下さり本当に有り難く思っております。



CSC_0081kagayoozennhoumonngi.JPG今回の会は刺しゅう展がテーマでもありまして、他の商品に目が届かないところが少し残念に思うところがありますが、時間を作って足を運んでいただいた方には心より感謝申し上げたいと思っております。

明日も引き続き森さんが店に来ていらっしゃいますが、夕刻には京都へ戻られるので、よろしければ遊びに寄ってみて下さい。

気が若くて楽しい方ですよ・・・


ところで、疲れが溜まっているのか腰がだるくてね~

今日は早めに切り上げて体を休めたいと思います。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   いよいよ今日から刺しゅう作家の森さんをお招きしての刺しゅう展が始まりました。



DSC_0081hanneritukuri.JPGそして午後から森さんのご指導をいただいて、お客様からご注文をいただいている刺しゅう半衿作りをしていただいたのですが、ひと針刺してはすき間が空いたとか、糸の並びが歪んだとかのSOSサインが出され、悪戦苦闘されていた様子がうかがえました。


私も合間を見てその様子を拝見させていただきましたが、筆を持つのとは違って難しかったようです。

それでも、ご自身の半衿に足跡を残すことが出来て満足していただけたように思っております。


優しくお客様の対応をしてくださいまして本当に有り難く思っているしだいです。


閉店ギリギリまでお客様がお越しになられていまして、その後、森さんと食事をしてまいりましたもので投稿が遅れてしまいました。

明日もお客様が多いのではないかと想像していますが、今日はチョット疲れたかも・・・


24日月曜日まで店内でオンリーワン刺繍半衿の提案と森さん作品を紹介しておりますので、興味をお持ちでしたら覗いてみて下さい。




DSC_0087silyarenakimonok-dhine-to.JPGそこで今日は、単衣物として提案させていただきたい着物コーディネートを紹介させていただきます。


流水にカエデ柄のブルー系の小紋に紫陽花柄の帯との組み合わせです。





CSC_0090asisaigaranoobi.JPG涼しさを強調したくて、水色を共通項にして季節感を出したくて、この帯を合わせてみたものです。

帯地が白っぽいので、お召しになられたときの装いも軽くなることでしょう。


簡単な記事になりましたが、これで閉店とさせていただきます。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   ようやく刺しゅう展の準備を終えることが出来ました。

今回の展示会は刺しゅう作家をお招きしての開催とあって緊張するものがあります。


と言いますのも、刺しゅう展は私が言い出した企画で、日本工芸会正会員の刺しゅう作家・森康次さんのお力をお借りし、森さんの作品の出品に止まらず、店内でオーダーメイドで日本刺繍半衿作りお願いしたからです。


そのために、明日京都から店にお越しになられます。



DSC_0102sisilyuudai.JPG先に届いた日本刺繍をするための台。

この台を使って森さんのご指導の下で、お客様に刺繍半衿を作っていただくのですが、沢山の申し込みがあったわけでなく、むしろ、森さんに作っていただきたいと言われる方が多くてね~


お客様には前もって森さんに描いていただいた17柄の図案の中から、お好みの柄を選んでいただいているのですが、せっかくの機会なので、多くの人からご注文をいただけるものであればと考えているところです。

刺しゅう展の期間中でも受け付けることが出来るので、ご相談をいただければ嬉しいのですが・・・


しかし今回のオーダーメイド刺しゅう半衿は、森さんの技を知っていただくためのもので、狙いは刺しゅうされた商品の魅力に迫ることが目的です。

店内には森さんが刺しゅうされた着物や帯が総数で32点並びましたが、お客様と私の想いが噛み合うかが心配でなりません。


どうであれ、明日から刺しゅう展が24日(月)まで開催されます。

森さんは23日(日)まで滞在していただけますので、日本刺繍のことでお尋ねしたいことがあれば、気軽にお話いていただけるかと思っています。


さて、話題は少し変わりますが、現在の私の心境をある柄で映し出すものがありまして、それを用いて着物コーディネートしてみました。

それは「幸せの青い鳥」です。



CSC_0100aoitorinoobi.JPGそれがこちらのコーディネートです。


幸せの青い鳥は小格子柄の小紋に合わせた帯のことで、趣が変わっていて楽しい気持ちになるでしょ・・・

今回の刺しゅう展は森さんの作品だけでなく、仕入れ先で作られた品も紹介したいと思っていまして、その中の一品になります。


正確にはパッチワークされた帯で、刺しゅうと言えるものではありませんが、模様の立体感が刺しゅうと似たところがあり、刺しゅう展の中で取り上げたものです。


古典柄に捉われない遊び感覚が着物の装いを楽しくするものがあり、新しい感性の持ち主の方にお勧めしたいな~




CSC_0077aootorinoobi.JPGそして、こちらの部分が腹になります。


帯〆帯揚げの色で少し大人っぽくさせていただきましたが、若い年齢層の着こなしかと思っています。

「幸せの青い鳥」、いいでしょ・・・


この帯がかもし出す青い鳥と私が願う青い鳥では、少しニュアンスが違うものですが、おしゃれ感を感じるものがあり紹介させていただきました。


会期中に「幸せの青い鳥」が舞い込んでくれるといいのですが・・・





IMG_0775tumanotannzilyoubi.JPGそして今日は亡き妻の誕生日でした。


毎年妻の誕生日近くには「卯月展」を開催していて、妻に誕生日プレゼントを考える余裕がなくて生活を送ってきたように思います。

今も元気でいたらな58歳になったところです。


毎日顔を合わせていたときは、柔らかな心を持てなかったのに、妻が目の前にいなくなると愛おしく感じるもので、どれだけ時間が過ぎてもその気持ちだけは変わりません。

それに次女に二人目の赤ちゃんが生まれたこともあり、報告も兼ねて誕生日のプレゼントを届けてまいりました。


今もお母さんが元気だったら、仕事と孫たちのことでパニックになっていたでしょうが、そこが男と女の違いかと思っています。

娘たちには何の気遣いもしてやれませんが、遠くからでもいいから守ってやってくださいね。


ささやかだけど、僕の気持ちを受け取ってください。

「誕生日おめでとう・・・そして、ありがとう・・・」



いろんな感情が交差する中で明日からの刺しゅう展に臨もうとしていて、心中親やかではありませんが、業界の専門家として真摯にお客様に向けあえるように努めたです。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   店で開催する展示会は、着物と帯をコーディネートしたものを展示するように心がけています。

これは、着物を目にしたときに、合わせる帯をイメージでききるものだと思って長年続けていることです。


しかしこの作業は時間と手間がかかります。

着物と帯のコーディネートが決まるまで商品を広げ続ける訳で、それに伴い、売り場は足の踏み場がない状態になります。

それを順番に繰り返しながらディスプレーを決めていくのですが、必ず後片づけ付いて廻るもので、長時間続けていると気力が失われるんですね~

その時、必ず自分に問いかけるのが「もう少し・もう少し」。

乱れに乱れた売り場を綺麗に整えてから、一日の最後をブログ投稿で締めくくるのですが、売り場作りに夢中になり過ぎて疲れました。


お客様を迎える準備というものは、違った意味で神経を使います。


くだらない事を書いてしまいましたが、少しばかり心をリセットすることが出来たみたいです。


会を開く前に、品揃えの概要をブログで紹介させていただきたいのですが、それが叶いません。

そこで今日は加賀友禅の品揃えに触れてみたいと思います。


加賀友禅が石川県で染められていることもありまして、展示会の品揃えには欠かさないものになっています。

どうしてもフォーマル着が多くなりますが、バージョンアップしてみました。




DSC_0073yuusuitokusakunokagayuuzennhoumonngi.JPG

その中の一品がこちらの訪問着です。

着物愛好家の方であれば作家さんが誰かはお判りでしょうが、加賀友禅作家の重鎮とも言える由水十久(ゆうすいとく)さんの作品です。


由水十久さんは童子(どうじ)柄をモチーフにしている作家さんで、業界ではとても有名な作家さんなんですよ。




DSC_0075yuusuitokusakunokahayuuzennhoumonngi.JPG空間を上手に生かして、模様を描き入れることが上手な作家さんかと思っております。

なかなか目にすることが出来ない作家さんの品でもり、興味をお持ちの方は少なくないのではないでしょうか?


他にも友禅作家さんの新作を揃えてみたので、興味をお持ちでしたら覗いてみて下さい。


今日は簡単な記事になりましたが、これで閉店とさせてください。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ