これまであったものが少なくなっていることが業界の中に起きていまして、中高年さん向きのゆかたが意外と市場には少ないのではないでしょうか?

私がこの業界に入ったときは、ゆかたといえば「紺地」か「白地」くらいしかなく、それを湯上りや夕涼み、夏祭りなどに着たものです。

それが今ではカラフルな色合いに変わり、若い人たちは積極的にゆかたを着るようになり、Tシャツを着るかのごとくファション化しています。


そのことで、昔のような「単色のゆかた」がめっきり少なくなっているのではないでしょうか?


そんなことが頭をよぎり、白地に紺で染めた古典柄ゆかたを紹介してみたいと思います。




sitosiniainoyukata.JPG昔を懐かしむものがあるかと思いますが、これが古典柄の「白地に紺」のゆかたです。

この逆バージョンが「紺地に白」のゆかたになりますが、どちらのパターンも生産が少なくなっている感じがします。


現代人のゆかたに対する価値観の違いもあるのでしょう。

個人的には心が落ち着くものがあり、これが日本のゆかただと思っているのですが・・・


この中からゆかた帯を合わせてみましょう。





DSC_0007sirozinoyukatawoko-dhine-to.JPG年代層の若い人であれば、水色が入った単衣博多織の紗織のもので・・・





DSC_0005sirozinoyukatawoko-dhine-to.JPG浅めにグリーン系の帯にされると、年代層も少し上がるかもしれませんね。

いずれにしてもコーディネートの奥に風情ある光景が目に浮かぶものがあります。



仮にこのゆかた姿がおかあさんの着こなしだとしたら、小さなお子様も白地のゆかたにされると親子関係に繋がりがあって可愛いでしょうね~




DSC_0008kodomosiroziyukata.JPG例えばここにある白地の子供ゆかた地がお似合いです。

白地繋がりのおそろいのコーディネートかと思いますが、縁日などで家族写真を撮ったら記念に残るでしょうね~


素材も染もしっかりと作り込まれたもので、反物は大人のゆかた地の2/3の長さのもので、お子様の体の大きさを基準に大きめに仕立てをして、身丈と裄を調整して着るものです。

これを縫い上げといいますが、仕立て方では3・4年着れるものになります。


近年は仕立て上がりにゆかたが合理的だと考えられる方が多くなり、古典柄子供ゆかたの反物がめっきり少なくなりました。

量産された既製品との金額の違いが明暗を分けるものになっているようで、あつらえという価値観が薄らいでいることに寂しさを感じています。





DSC_0014kodomoyukatawoko-dhine-to.JPG番外編として水色の子供ゆかたをコーディネートしてみました。

帯との色合いも合っていて、とても可愛いものがあります。


房帯をシルクの絞り染めで組み合わせたもので、可愛さのポイントはゆかたの色柄もありますが、房帯の色も重要ではないかと考えています。


ナイロン製の房帯とは色の発色も結んだときの柔らも違い、滑らず緩んでこないものですが、このシルクの房帯も生産が少なくなっていて、価格面でのニーズの変化に押し切られている感じが致します。

その意味でも、着物専門店が様々な角度から量販店との違いを情報として出さないと片寄った市場になり、これまであったものが消えていくですね~


それは着物専門店の存在そのものが問われるもので、ゆかたであっても消費者が気軽に相談で見る体質を築いていかないといけませんね。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  開店と同時に二人の娘たちが店に寄ってくれましてね~

孫もいますので、合わせて6人の訪問者です。

店は託児所となり、パワーが有り余っているのは2歳になる美月と音羽。




DSC_0020futarinomago.JPG二人は2か月違いで、少しもじっとしていません。

外に出たかと思えば走り出して国道へ向かうし、何か遊ぶものを与えると取り合いになったりして、とてもにぎやかで仕事どころではありません。

慣れないこともありまして、お客様の接客とは勝手が違うことを味わう午前中でした。


ところで、この孫たちが私の年代になった頃には、この社会はどのように進化を遂げているのでしょうか?

少し考えてみました。


IT産業は生活を合理的にするものになっていて、車を持つようにしてロボットを所有し、秘書ロボットや、家政婦ロボット、家庭教師ロボットなど、ライフスタイルに合ったロボットが数多く登場しているかもしれません。


そしてスーパーの買い物もスマホで買えるようにり、その輸送手段も空を飛ぶもで運ばれ、何でもネットで買えてスピードが問われる社会が色濃くなって、当たり前とされていたビジネスをネット社会は呑み込んでいくのでしょう。

会話は少なくなり、その分、メカニズムに向き合う時間が増え、そして誰もがネットでビジネスができる起業家になっていて、損した得をしたと言いながら駆け引き上手な人間が増えていことでしょう。


医療の分野でも、これまでできなかったことができるようになり、部分的にサイボーグが体内に埋め込まれて人間の平均寿命が100歳になっていたりして、社会の構造を変えるものになっているかもしれません。


そんなことを考えたとき、ITが生き方や仕事のやり方を変えるものになり、国境を越えた経済社会が来ることでしょう。

その一方で国同士の権力争いが格や兵器と密接なものになり、危険と背中合わせになった地球であったとしたら悲しいことです。


考えれば考えるほど、想像ができない世界になるのでしょうね~


私のようなおじさんはIT産業についていけなくなっていて、ガードを固めながらもいろんな人から知恵をいただいて仕事に生かしていますが、この先、益々、生きるために必要な道具になるだけに、孫たちにはこの世界に明るくなり、世の中の流れに振り回されない知恵を持って周りの人を幸せにできる人間になって欲しいです。


無邪気な顔を見ていると心配になりますが、静かに応援していますよ。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   ゆかたと着物は同じ形をしていていますが、本来「ゆかた」は湯上りのくつろぎ着で、「着物」はお出かけ着として分けられていました。

しかし近年では両者の境目があいまいになってきていて、どちらかといえばゆかたは外出着に変わってきているのではないでしょうか?


そもそもゆかたは肌着の上に羽織って着るもので、足元は素足に下駄を履きます。

一方、着物は肌着の上に長襦袢を着て、その上に羽織ります。そして足元は足袋をはき、草履か下駄を合わせます。


つまり、一枚の浴衣でも肌着に羽織って素足なら「ゆかた」と呼び、長襦袢を内側に着て足袋は履けば「夏着物」と呼べるでしょう。

また、足袋を履いて長襦袢を着なくても「ゆかた」の着こなしになり、印象も上品なものになりなります。

逆に、長襦袢を着て素足の着こなしはNGで、長襦袢を着るときは必ず足袋をお履きください。


「ゆかた」の着こなしも時代の流れと共に進化しましたが、「ゆかた」をワンランク上の「夏着物」としても着るには、どのようなゆかたでも着物で着れるとは言いにくいものがあります。

その点が悩ましいところですが、これから紹介させていただくコーディネートは「ゆかた」にもなり「夏着物」にもなるものです。





DSC_0002nennkoubaiyukatawoko-dhine-to.JPGこれは竺仙さんから出された萩柄の綿紅梅小紋で、生地の風合いに凹凸を持たせ、藍をベースに染められたものです。

見た目にも涼やかで、風通しも良く流行に左右されないものだと考えております。



DSC_0007hakataorisilyahaltusunnobi.JPG帯は博多織の紗織といいましてメッシュのように織られたもので、風通しのよい単衣名古屋帯を合わせたものです。


画像からの涼感が見て取れるかと思いますが、帯芯を使わすにこの状態でお仕立てを加えるもので、適度な張りもあり着物地にとても適した帯の一つです。





DSC_0001mennkoubaiyukatawoko-dhine-to.JPGこの合わせ方で長襦袢を着て、足袋を履いて下駄か草履を合わせていただけたら夏着物になるものです。

穏やかさな表情からも品の良さを映し出すものがあり、伝統の味に身を寄せることができることでしょう。


この綿紅梅小紋は綿素材のもので、色を多用していないこともあり年代幅が広い着物といえるのではないでしょうか?

なので、お若い年代層のゆかたとして半巾のゆかた帯でコーディネートしてみました。




DSC_0009mennkoubaiwoko-dhine-to.JPGほのかなピンク色が入った単衣博多帯で組み合わせ、「ゆかた」にさせていただきました。

長襦袢と足袋を身に身に着けづに素足で下駄を合わせれば、「夏着物」から「ゆかた」に変身していただけるものです。


お若い人が好まれるカラフルなゆかたと違って落ち着いた雰囲気になりますが、それが返って夏の風情を味わえるものだと思います。




DSC_0010hakataorinoyukataobi.JPGこちらのゆかた帯も通気性の良い単衣帯で、羅織に近いメッシュ状になった柔らか組み方をしていて、長さは380㎝ある長めのもので、ゆかた帯の中では最も長いものではないかと思っております。


このように、綿紅梅小紋は組み合わせ方で「夏着物」にもなれば、「ゆかた」にも対応することができる綿素材の着物で、確かな目を持つ専門家のアドバイスを参考にしていただけると気持ちの良い着こなしができるかと思います。


ちなみに今年竺仙さんから発表された綿紅梅小紋のお値段は税込み¥70.200となります。

一般的なゆかたに比べれば割高かもしれませんが、その品質は間違いものなので安心できるものだと考えております。


今年のゆかた選びに生かしていただけたらと思い、ここに紹介してみました。


では、今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

    県外のお客様から小千谷縮の着物のことで問い合わせがありまして、今日はその商品をこの場を借りて紹介させていただきたいと思います。

画像が多くなりますがご一緒にご覧ください。




DSC_0001 (1)odiyatidimiwoko-dhine-to.JPG



CSC_0011oziyatidimi.JPG

1》生成りの地色に赤っぽい縞柄






DSC_0003 (1)odiyatidimiwoko-dhine-to.JPG


DSC_0012odiyatidimi.JPG2》紫の格子柄に黄色の縞柄






DSC_0004 (1)odiyatidimiko-dhine-to.JPG


CSC_0018odiyatidimi.JPG3》ヒワ色にグレー系の縞柄






odiyatidimiwoko-dhine-to.JPG


DSC_0015odilyatidimi.JPG4》生成りの市松に絣柄





DSC_0009odiyatidimiwoko-dhine-to.JPG


DSC_0014odiyatidimi.JPG5》 黒地の雪輪に藍の絣柄





DSC_0005odiyatidimiwoko-dhine-to.JPG


DSC_0016odiyatidimi.JPG6》 小千谷縮の生地に藍で後染をした着物地


この6点を紹介させていただきます。

お客様のご要望に沿うものでないかもしれませんが、この先はお電話でお話ができればと考えていところです。



話題は変わります。

現在店内では「ゆかた祭」を開催しているところですが、娘からこの夏の花火大会の情報があると、ゆかたを着てみたいという動機付けになるのではないかと提案がありましてね~


そこで北陸三県の花火大会を調べてみると、至る所で開かれることが分かりました。

前情報としてここに明記させていただきます。

       カレンダー順

◇舟見七夕まつり花火大会◇(富山県)             開催日:2017年7月6日(木)

◇越前夏まつり 2017◇(福井県)         開催日:2017年7月15日(土)

◇七尾港まつり 北國花火大会◇(石川県)    開催日:2017年7月16日(日)

◇ふるさと龍宮まつり海上花火大会◇(富山県)開催日:2017年7月17日(日)

◇北國花火 2017 花火大会◇(石川県)    開催日:2017年7月29日(土)

◇第71回北日本新聞納涼花火◇(富山県)          開催日:2917年8月1日(火)

◇若狭マリンピア2017花火大会◇(福井県)      開催日:2017年8月1日(火)

◇若狭高浜花火大会◇(福井県)                        開催日:2017念8月1日(火)

◇第64回福井フェニックスまつり 福井フェニックス花火◇(福井県)
                                                                             開催日:2017年8月4日(金)

◇第32回川北まつり北國大花火川北大会◇(石川県)
                                                                             開催日:2017年8月5日(土)

◇若狭おおいのスーパー大火勢(おおかぜ)◇(福井県)
                                                                             開催日:2017年8月5日(土)

◇第37回三国花火大会◇(福井県)                    開催日:2017年8月11日(金)

◇第68回とうろう流しと大花火大会◇(福井県)開催日:2017年8月16日(水)

◇第4回はくい花火大会◇(石川県)                   開催日:2017年8月19日(土)


この他にも予定されている花火大会があるようですが、この花火大会があるから、若い人たちはゆかたを着て夏の風物詩に触れたいと思われるのでしょう。

それが花火大会だけでなく夏祭りも繁栄されていて、浴衣需要に拍車を掛けている訳で有り難く思っております。

その需要を見込んで、ゆかたを取り扱うショップが増えて競争が激しくなっておりますが、量販店とは一味も二味も違った品揃えで対応させていただいています。


よろしければ当店も覗いてみて下さいね。


それでは今日はこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

  昨晩も寒くて電気じゅうたんにスイッチを入れてしまいましたが、今日は違います。

平年並みの暖かさに戻ったみたいで、お天気のコンディションは絶好調。

足りないのはただ一つ客足ですが、徐々に売り場に活気が戻るのではないかと期待しているところです。


ようやく気持ちが夏に向かうことができるようになり、着物で楽しむ夏をコーディネートしてみたのでご覧ください。





DSC_0023asanokimonowoko-dhine-to.JPG近江ちぢみという麻素材のモノトーン色の小格子柄を麻で織った羅織の名古屋帯でコーディネートしたものです。


麻素材で組み合わせたものですが、色合いがおしゃれでしょ・・・

それに自然布を使った素朴さも存分に味わえるのではないでしょうか?




DSC_0031natuwoko-dhine-to.JPG腹はこのような感じで夏用の帯〆と帯揚げを入れてみました。


生成りの帯が装いを柔らかいものにしていて、そこに色が立たないように墨色が入った帯〆を加えてみたのですが、控えめな大人の魅力を感じています。




DSC_0032zourigeta.JPGそして、桐台に小千谷縮の鼻緒ですげた草履下駄で着こなしていただけたら素敵でしょうね~

どうか参考にされてください。


今晩は商工会の集まりがあるもので早めの投稿となりました。

それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ