海老蔵さんの妻である麻央さんが34歳の若さで返らぬ人となったことを知り淋しい気持ちにさせられました。

と言いますのも、私の妻も似た病気で闘病生活を送り命を失っているもので、当時のことを思い出すものがありましてね~

海老蔵さんやお子さんの気持ちを考えると居たたまれない気持ちになります。


ご冥福をお祈り申し上げます。


健康であることを健康な人は深く考えることがなく、仕事や人間関係のことでブーブーいっていますが、健康な体がどれだけ幸せなことであるかを自覚しなければなりません。


この世に命のあるもは、いつしか老いて命が絶える日が来ることを知りつつも、そうでない命の絶え方を知らされると健康であることの尊さを教えられます。

車に車検切れがあるように、私の体もいつまでも健康を約束されている訳ではありません。

健康切れの年代に入り健康診断の必要性を感じていますが、同時にストレスが病気を呼び寄せるものがあるだけに注意しなくてはなりません。

そのようなことを考えると、「幸せって何だろう・・・?」って、考えさせられてしまいます。


私自身、苦い経験をしたのに、忘れていたことを浮かび上がらせた出来事でもありました。



それでは今日の投稿です。

現在「ゆかた祭」の真っ最中ですが、市場がプレタ(仕立て上がり)ゆかたの方に勢いが増していて、あつらえるタイプのゆかたにご理解をいただけていない感じが致します。


そこで「おあつらえゆかた」の魅力に迫ってみたいと思います。




DSC_0017yukatako-dhine-to-1.JPGあつらえゆかたの良いところは、ご自身の体格に合わせてお仕立てを加えるもので、それ故に着付けが楽で着崩れがしにくく、着姿が美しいといえます。

加えて単品でゆかた地を選ぶので、トータルコーディネートに面白味があり、おしゃれを楽しめるところが最大の特徴かと考えています。


デメリットとしては、着られるまでの時間がかかり、着た感じのイメージが捉えにくい点や割高になる点が挙げられますが、その点を補うために着物専門店が存在しているのではないでしょうか?


当店ではご注文をいただき採寸を終えれば、当店の和裁士が一週間前後で仕立て上げ、心地よい着心地を提供することができます。

お選びいただく場合、反物でのお見立てをさせていただくこととなりますが、お客様のお顔映りを見ながら、適切なアドバイスとコーディネート術で、お望みのおしゃれ提案をさせていただくことができるものと考えています。

しかしながら量販店に並ぶプレタゆかたと比較して割高感であることは認めなくてはなりません。

それはゆかたそのものの素材や染め方、仕立て方法も異なるもので、市場の出すゆかたコンセプトがお手軽感を重視しているからです。

それは着物専門店が最も大切にしているおしゃれな着こなしと、着たときの心地よさを提供したいと考えるコンセプトとはズレルもので、「プレタゆかたに体を合わせる」か、「体にゆかたを合わせる」かの違いかと考えています。


そのような付加価値がお値段に表れているもので、お安いものをお高く販売している訳ではありません。



DSC_0010yukatako-dhine-to-1.JPGここに、ゆかたらしいコーディネート画像を二組アップさせていただきました。

どちらもお仕立てを加えるゆかた地ですが、先の画像は可愛さを感じていただけるもので、蝶の模様は個性的な組み合わせで仕上げたものです。


どちらも私流の合わせ方で、おしゃれ感を感じていただけるコーディネートかと思います。

参考になれなばと思い紹介させていただきました。


この夏のひと時をゆかたで楽しみたいとお考えでしたら、ゆかた選びの選択肢の幅を広げてみて下さい。

私の店でよければ、そのお手伝いさせていただきますよ・・・


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   午後の遅い時間帯から人の出入りの多い一日で忙しくしていました。

取り立てて変わった出来事があった訳ではありませんが、今週の月曜日に新規のお客様が結婚式に着装される着物一式と和装小物をお持ちになられて、足りないものがあれば教えて欲しいと相談にお越しになられた着物初心者の方が尋ねてこられました。

その着物はお母様の若かりし頃の手描き友禅附下で、まず先に着物寸法が合っているかを確認させていただくと、長襦袢と着物の肩幅と袖幅の寸法が合っていません。

長襦袢の裄が着物に対して極端に短く襦袢丈は3㎝近く長いもので、袋帯は折りシワが入り、お太鼓にそのシワが出るものでした。

そして附下はシミもなく綺麗な状態でしたが、裏地の胴裏が白から茶色に変色していて、着装日をお聞きすると、今週の土曜日だというのです。


和装小物を見せていていただくと、足りないものはいくつかありましたが、帯〆帯揚げの種類と色合いが附下に合うものではありません。

過去にこのような問題を抱えた相談に対して正直にお話をさせていただくと、気分を害される方が少なく、どこまでお話をしたらいいのかを迷うものがありましたが、一つ一つ丁寧に説明すると、「この着物を着ない方がいいのでしょうか?」と、問いかけられましてね~

その表情から着たいと思っていらっしゃることが見て取れました。

しかしお直しをするにしても時間が足りません。


そこで、着物の裏地に当たる胴裏の変色はそのままにして、長襦袢の寸法直しと帯のシワ取りを早急にさせていただき、帯〆帯揚げを合わせることとなったのです。


その納期が今日の夕方でした。


お電話を入れると取りに来られて、着終わったときのお手入れ法を尋ねられたので、汗をかきやすい時期でもあるので、汗取りをされることをお勧めしますが、いずれ変色している胴裏を替えたいとお考えでしたら、「洗い張り」をされた方が無駄なコストを省くことができるように思いますよ。


しかし着物のことを知らないお客様には、その意味が理解できない様子でした。


いい機会なので、このブログを借りて説明をさせていただきます。


この時期に着物を着るということは、冷房が効いていても汗をかくものです。

汗は長襦袢や着物に油が付着することでもあり、その度合いによっては匂いが付いたり、生地そのものを痛めたり変色を起こすことも考えられます。

特に白っぽい着物は要注意と言えるでしょう。

その理論からも、着物の洗濯を済ませて片づけ方が安心です。

そのお洗濯法を着物業界では「丸洗い」と呼んでいて、その仕事は洋服のクリーニングと同じだと解釈してください。

なので、着たときの汗や匂い、そしてシワも取れるものです。


しかし汗は目に見えないこともあり、問題意識を持たないまま、衿の汚落としだけで済まされるケースが多いのではないでしょうか?

特に汗ばむ時期の着装の場合は「丸洗い」の選択肢も考えるべきだと考えています。


もう一つの洗濯の仕上げ法として、「洗い張り」というものがあります。

これは着物をほどき丸巻きの状態に繋ぎ合わせてから、板に貼って洗うもので、丸洗いよりも綺麗に汚れ落としができるものですが、再びお仕立てを加えなくてはならず、コストの面からも着物の縫い直しなどに使われる洗濯法です。

この洗い張りは、縫い目の筋も落とせますし、繊維に付いた不純物も落とせるものだと考えています。


簡単な説明になりましたが、「丸洗い」と「洗い張り」の違いがお判りいただけたかと思います。


そこで、先ほどのお客様の着終わったときのお手入れ法のことですが、「丸洗い」を終えて、時を置いてから縫い直しをするとなると、今度は洗い張りが必要となります。

つまり、縫い直しをお考えでしたら、「取りあえず丸洗い」は無駄なコストになる訳で、「洗い張り」だけ済ませて、仕立て直しはもう少し先のことにする選択肢が賢明であることを説明させていただいた次第です。


詳しくお話をさせていただくとご理解をいただけたみたいで、着終わったら再び相談に寄せていただきたいと言って店を後にされました。


近頃、このようなケースの相談が多く持ちこまれることが多くなっていまして、傾向としてコストの面のことを気にかけられる方が増えております。

なので、手軽な方法をお伝えさせていただいているのですが、言ってみれば手抜き工事で綺麗になるものではありません。

しかし、それでいいという方が後を絶たないことを考えると、着物初心者の着物に対する価値感が下がっているのでしょう。

悲しことですがこれが現実です。


しかし今回のお客様は聞く耳を持っていただける方でした。

この先のご縁が深くなるものであればいいのですが、気持ち良くお手伝いができたて本当に良かったと思っております。


今日は映像を用意することができなませんでした。

その代わりという訳ではありませんが、娘が取った映像があったのでそれをアップしてみます。



DSC_0015mago.JPG今日二人の孫が来ていまして、にぎやかにしている様子の映像です。

上が「誠」で、下が「奏絵」。二人は8日違いのいとこで2か月を過ぎたばかりです。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   早いもので今月も2/3のが過ぎてしまいましたが、今日は、一年でもっとも日が長く夜が短い「夏至」。

日本の七十二候の暮らしの中には、「入梅」(にゅうばい)と重なるものがあり、自然の時計はこの日を狙っていたのかのように、北陸地方も梅雨入りとなり恵みの雨が降り続く一日でした。


外の景色が雨に包まれると、どことなく物悲しさを感じてしまいますが、これが返って草木の穏やかな表情が目に入り気持ちを落ち着かせるものがあります。

これから夏の盛りへと日に日に蒸し暑さが増していくことでしょう。



DSC_0009yukatakonntesuto.JPGそして浴衣商戦も中盤戦に入り、にわかに「ゆかたコンテスト」を開催する運びとなりましたが、午後にはその準備も整いスタートさせました。

あいにくお客様の少ない日で一票しか入っていませんが、予告なしの企画だけに致し方ありません。

しかしお客様にとっては有利な条件と言えるものがあり、ゆかたが当たる確率が高くなるのではないでしょうか。


販促になるものではないのかもしれませんが、足をお運びいただいたお客様に楽しんでいただけるものがあり、店側としてもマンネリ化している売り場に一石を投じるものになるのではないかと考えています。


今回のコンテストに条件を付けるものではないので、よろしければ気軽の参加されてみて下さい。


ところで今日は「夏至」以外に「冷蔵庫の日」だそうです。

この時期、ものが腐りやすく家庭で起こす食中毒は冷蔵庫の保存能力を過信して、傷んでしまったものを食べたりするケースが多いことから、日本電気協会が夏至に日を「冷蔵庫を見直す日」に制定したとか・・・


一人で生活をしていると、何の食材を買ってきても量が多くて冷蔵庫に眠る食材が少なくありません。

それに、料理が苦手で外食も多くなり、自宅で食べるときは冷蔵庫を覗いて居座っているものから消化するようにしているのですが、考えてみれば怖いことです。


健康の源となる食生活を気にしながらもアバウトな食生活を送っているだけに、冷蔵庫の日であることを知って冷蔵庫に眠る卵のことを気にかける私でした。


取り止めのない記事で終わることになりましたが、梅雨入りを機に冷蔵庫の健康診断をしてみてはいかがでしょう・・・


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   蒸し暑くなり店内には冷房が入りました。

いよいよゆかたが注目される頃となりましたが、店のサイトが思うように機能していなく一日も早く改善を図らなくてはなりません。


それは、グーグルの検索と関係するもので、その対応を専門家に依頼しているところですが夏は目の前に迫っています。

そこで次の一手を現状の中でできることを考えなくてはなりません。


娘たちが店に来ていたので、浴衣商戦に向けて3人で知恵を出し合ってみました。

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがありますが、いろんなアイディアが出るものです。


そして話し合って取り上げたのは、店が取り上げているブランドゆかたとお客様の好みを把握するためにも「ゆかたコンテスト」を取り上げてみることにしました。

それは、7ブランド8点のゆかたをそれぞれにブランド名を添えて陳列し、お客様のお気に入りブランドを一つ投票していただくものです。

その期間を7月6日(木)までとし、七夕の日(7月7日)に、投票していただいた方の中から抽選で1名の方に3万円までのゆかたを1点プレゼントさせていただきます。


その抽選はお客様にしていただき、プレゼント商品は、当店の品揃えの中から「ゆかた」・「ゆかた帯」・「下駄」の3アイテムを対象にしたいと思っています。

「ゆかた」と「下駄」ではプレゼント金額に開きがありますが、要はお客様に喜んでいただける品をお選びいただけたらと考えてのことなので、その点をご理解ください。


打ち出し方として「ゆかたプレゼント!」がインパクトがあり、そのことをアピールして、「ゆかたコンテスト」始めます。


コンテストに出させていただくブランドは、「竺仙」が2点、「撫松庵」・「三勝」・「よしむら」・「そしてゆめ」・「絞り」・「加賀染め」の7つのブランドゆかたで、お客様が魅力に思われるブランドがリサーチできればと考えています。



DSC_0001yukatakonntesuto.JPGそうと決まれば、行動に移すのが早い娘たち。

長女はこのPOPを作り、次女はパソコンで印刷物の構成を始めたところです。


にわかに思いついたものだけに準備不足であることは否めないが、明日までに準備を整えてトライできればいいのですが・・・


そしてその他にも、いろんな案が出されました。


・ゆかた帯の結び方無料講習会。

・子供ゆかたの着付け無料講習会。

・ゆかたに合うバッグを風呂敷で作る無料講習会。

・ゆかた姿に合う髪形の無料講習会。

・ゆかた姿で楽しむクラッシックオーディオコンサート。

・ゆかた姿でご来店の方に特典を設けるとか、写真を撮らせていただくなど。


いろんな提案が集まり感謝していますが、問題はプロデュースと告知法が大きな課題になっていて、今の私にできることには限りがあります。

手始めにゆかた無料着付け教室をホームページで呼びかけたいと考えているところで、そのためにも店のサイトの手直しが急がれます。


いずれにしても、量販店やインターネットの世界で対等に戦うことって生易しいことではありません。

娘たちが着物初心者の目線でアドバイスをくれて助かっていますが、その行為に応える意味でも行動に移すことが課題になっていることだけは確かなようです。


どこまでのことができるのか不安もありますが、ベストを尽くしてみます。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

   梅雨入りはまだのようですが、日射しが徐々に力強さを増し始めた感じが致します。

いよいよ夏へと向かい始めますが、着物の装いも夏らしい涼やかなものでお出かけしたいものです。


と言っても、夏は何を着ても暑い訳ですが、見た目の涼しさってポイントが高いのではないでしょうか?





DSC_0003natutumugiwoko-dhine-to.JPG例えばここにある画像のコーディネートですが、小ざっぱりとした組み合わせに色合いにも透明度があり、涼しさが伝わってくるものがあります。


着物は夏紬の生地を水色系の色で染め、墨色のドット柄を全体に入れ込んだ小紋柄で、そこに、白っぽい帯を合わせたものです。

帯はトンボを一つだけ描いたポイント柄で、トータルコーディネートがあっさりしていると見た目の涼しさがあるのではないでしょうか。


色合いで涼しさを示し、あっさり感が装いの重たさを取り除き、そして、帯の柄で季節感を出したコーディネートかと思います。




DSC_0006natutumugi.JPG着物の素材は単衣から盛夏時期に着れる通気性のある織り方のもので、ピンボケになりましたが、この映像からも涼感が見て取れるかと思います。


ここに日傘があれば、おしゃれな夏を演出するコーディネートが整うことでしょう。


暑い日に着物を着ることは容易ではありませんが、参考になればと思い記事にさせていただきました。


話は替わりますが、昨日、閉店間際に息子から電話が入り、晩飯を一緒に食べに行こうと誘われましてね~

父の日を意識してくれたのでしょう。

嫁と3人で近くの居酒屋で息子と酒を酌み交わしたのですが、その心遣いが無性に嬉しく思うものがありました。


何かと心配事を持ち込んだ息子で、離れて暮らしていると交わることも少なくなりましたが、語らずとも通じ合う子どもたちとの関係に感謝したいです。


子どもたちに多くのことを望むものではありませんが、娘も息子も優しい大人になってくれたことを妻も喜んでいることでしょう。


それでは、今日がこれにて・・・
お休みなさい。

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
 

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ