猫柄の和装小物「帯留」・そして週末の18日・19日に開催される赤坂での展示会のお誘い

   今日は春の陽気をたっぷり味わえた一日でした。

天気予報ではこの後、再び寒気が訪れるそうで、厳しい冬があるから春の有難さが実感できるのでしょう。

つかの間の春であったとしても、ハッピーでいられたことに感謝したいものです。


さて今日の話題は、今月20日からの猫展に向けて猫柄の和装小物を紹介してみたいと思います。





DSC_0001nakonoobidome.JPGまず最初に猫柄の帯留から・・・


猫柄の帯留を入れたコーディネートをアップさせていただきましたが、模様が入らない帯にアクセントとして帯留めを加えると、装いに面白味が引き出されて楽しい気持ちになるものです。


特に猫柄の帯留に心も弾むのではないでしょうか?





DSC_0003 (1)nakogaranoobidome.JPGこちらの帯留めは水牛の角で作られたもので,愛嬌があって可愛いでしょ・・・

お値段は税込¥9,180するものです。




DSC_0010 (1)nekogaranoobidome.JPGそして、両サイドは七宝焼きで中央は真鍮(しんちゅう)で作られた帯留です。

七宝焼きは税込¥9,720の品で真鍮は¥10,584の品となります。




DSC_0002nakonoobidome.JPG三分紐の色と組み合わせにも気を配って楽しみたいものです。

ここでは帯揚げにも猫柄を使っていることを一言付け加えておきます。





DSC_0012 (1)nakonokannzasi.JPG見てのとおりこちらは猫柄の飴色かんざしです。

多くのかんざしを取り揃えていますが、猫柄となるとなかなかないもので、唯一あるのはこちらのかんざしだけとなります。

お値段は税込み¥5,940の品です。





DSC_0014 (1)hanaodome.JPGそしてこちらが猫柄の鼻緒止めというものです。

草履を脱いだときに左右の内側の鼻緒に巻いて、他の人の草履と間違えないようにするための目印とするこのですが、猫柄がとっても可愛いでしょ・・・




DSC_0019 (1)hanaodome.JPG鼻緒とめは2種類の品を用意していて、上段の押絵タイプのものは税込¥2,700で、刺しゅうタイプのものは¥1,620となります。


その他に猫柄ワンポイントの足袋と半衿がありますが、画像に収めることを忘れてしまいました。


以上が猫柄の和装小物になりますが、小さな小物で春の着こなしを楽しめそうでしょう。

和装の猫柄って市場に多くありそうですが意外と少なくて十分な品揃えとは言えないかもしれませんが、猫好きな方に楽しんでいただけるのではないかと思っています。

会期は26日(日)までなので一度覗いてみてくださいね。


ところで、週末の18日(土)・19(日)の二日間、東京は赤坂の地で展示会がありまして、「赤坂浅田」という加賀料理の店に身を置いております。

和室を展示開場としているもので春物の着物や帯が並びます。


新しい出逢いがあればと思うところがありまして、その会場に私がいますが、着物の染め替えのことや仕立直しの相談も受けたいと思っているので、関東の方面に方で関心をお持ちでしたら足を運んでみてください。

案内状がなくても、受付で私の名前を出していただけたら私がお相手させていただきます。

信じていただけないかもしれませんが、東京の地で出逢いの場となる機会だけに、この機会を生かしたいと思ってお誘いするものです。


私の店は田園が広がる郊外に店舗があり、この地で着物愛好家を探すのは簡単なことではありません。

それ故に、着物愛好家との出逢いを見つけ出したくてネットを始めたのですが、問い合わせが多く入ってくるのが東京・神奈川なんですね~

そのこともありまして無鉄砲な案内をしておりますが、新しい道を探るためにも小さな出逢いを大切にしたいと考えています。

簡単に事が運ぶものではありませんが可能性があると信じたいです。


それではこれにて・・・
お休みなさい。

きものふくしまへのお問い合わせ

お客様のお見立て相談

きものふくしまオンラインショップ

着物・和装ブログランキング参加中です! にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村